「ドッカンバトル」騒動の業績影響は「軽微」 アカツキが発表

「ドッカンバトル」騒動の業績影響は「軽微」 アカツキが発表

  • ITmedia ビジネスオンライン
  • 更新日:2017/12/05
No image

スマートフォン向けゲームを開発・運営するアカツキ(東証1部)は12月5日、人気スマホゲーム「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」の表示不具合に関連し、業績への影響を発表した。「現時点においては2018年3月期の業績への影響は軽微である」という。

「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」(=公式サイトより)

「ドッカンバトル」はバンダイナムコエンターテインメントとの協業タイトル。11月、「ガシャ」で出現するキャラクターの当たり確率がユーザーごとに異なっているのではという指摘がネット上で広がり、アカツキの株価がストップ安(値幅制限の下限になるなど影響が出た。その後の株価も騒動前の水準を回復できていない。

No image

アカツキによる発表(=ニュースリリースより)

アカツキは「プログラムの誤りによる表示不具合」だとする調査結果を発表。12月5日の検証結果でも同様に「ガシャにおける実際の出現キャラおよび割合は全ユーザー様同一に提供されていたことを確認しております」とし、疑惑を否定した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
薬局、棚から100円の薬取るだけで手数料1100円?「儲けすぎ」批判強まる、大手社長に配当1億円超
葬儀やお墓など、“終活”に関する情報のポータルサイト「終活ねっと」が8300万円調達
もしトヨタが倒れたら、日本経済はここまでヒドいことになる
「白木屋」「笑笑」系、経営危機に...大量閉店に違法客引き、他社のモノマネ店量産の限界
新宿ドン・キホーテにはなぜ、「外国人」がどんどんやって来るのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加