W杯放映権巡り贈収賄疑惑が浮上。PSG会長をスイス検察が調査

W杯放映権巡り贈収賄疑惑が浮上。PSG会長をスイス検察が調査

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/10/13
No image

PSGのナセル・アル・ケライフィ会長【写真:Getty Images】

FIFAの元事務局長ジェローム・バルク氏とパリ・サンジェルマン(PSG)のナセル・アル・ケライフィ会長に贈収賄疑惑が浮上した。スイス検察当局が調査を開始したと、12日に英メディア『ESPN FC』が報じている。

同メディアによると、バルク氏が2018年W杯から2030年W杯までの4大会に関して放映権販売の不正なやりとりを行い、不当な利益を受け取った疑いがあるとのこと。

またケライフィ会長は大手メディア「ビーイン・メディア・グループ」のCEO(最高経営責任者)を務めており、2026年W杯と2030年W杯の放映権の見返りにバルク氏に対して賄賂を渡した疑惑があるという。スイスの検察当局は贈収賄疑惑の調査を進め刑事訴訟手続きを始めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トッテナムとの今後を占う一戦へ...レアル、CL招集メンバーを発表
自身もバロンドール候補にノミネートも...イスコ「受賞にふさわしいのはC・ロナ」
ムヒタリアンは香川と同じ道をたどる!? 英紙が懸念「シンジと全ての面が似ている」
メッシのデビュー13年をリーガ公式が名場面動画で称賛 「フットボールの歴史が変わった」
日本が激突するイングランドはU-17W杯屈指のタレント軍団! マンUの歴史を塗り替えた逸材も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加