高性能低価格イヤホン「PaMu」がBluetooth5.0搭載モデルになって帰ってきた!

高性能低価格イヤホン「PaMu」がBluetooth5.0搭載モデルになって帰ってきた!

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2018/10/08
No image

今年始め頃に話題になった「PaMu」という製品がある。これは現在流通しているワイヤレスイヤホンの性能水準と同等であるが、クラウドファンディング「Indiegogo」ではわずか29ドル(約3200円)という破格で出展されていたことで知られている。

そのPaMuであるが、早速バージョンアップしたようだ。Indiegogoに後継製品「PaMu Scroll」が公開されている。早速見てみよう。

・スペックは大幅向上

No image

円筒形のレザーケースに収納されたPaMu Scrollは、Bluetooth5.0になった。前作は4.2である。通信速度の大幅向上が見込める。

連続プレイ時間は3.5時間。ここは前作とほぼ変わりないが、収納ケースがワイヤレス充電に対応するようになったという点は大きい。充電パッドにケースを立てて置く仕組みだ。
防塵防水規格もIPX5からIPX6になった。しかも、重量軽減も実現している。前作は6.5gだが、今作は5g。それでいてタッチパッドも健在だから、使い勝手に支障は出ていない。

カラーは4種類用意されている。Indiegogoでのページには工場でPaMu Scrollが生産されている写真があるから、キャンペーン終了次第即出荷という流れになりそうだ。

・「破格」は変わらず

No image

さて、一番気になるのはやはり値段である。PaMu Scrollは現在、39ドル(約4400円)からの出資枠を公開している。前作の29ドルよりも高くなってはいるが、それでもBluetooth5.0対応イヤホンの中では驚異的な安価である。もっとも、これはあくまでもIndiegogoでの出資価格であることは念頭に置く必要がある。

だが何よりも、わずか1年にも満たないうちに後継製品を投入したスピードは大いに評価できる。PaMu Scrollの配送は今年11月から。

Indiegogo

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
異世界ソ連のFPS『Atomic Heart』設定の一端が垣間見える動画「Soviet Television at Facility 3826」公開
動画で振り返る、本日発表されたGoogle新製品まとめ。48秒でワクワクを味わう!
Core i9-9980XEはスゴイの?詳細スペックから検討する第9世代Coreと次期Core Xの価値
モンブラン新スマートウォッチSnapdragon 3100搭載「SUMMIT 2」発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加