大泉洋を“あてがき”し話題 『騙し絵の牙』撮影現場から意気込み到着

大泉洋を“あてがき”し話題 『騙し絵の牙』撮影現場から意気込み到着

  • ドワンゴジェイピーnews
  • 更新日:2019/11/21

大ヒット小説『罪の声』の塩田武士が、俳優・大泉洋を小説の主人公に“あてがき”し話題沸騰の『騙し絵の牙』が角川文庫より本日発売した。物語の舞台は、斜陽の一途をたどる出版業界。ある夜、上司から自身の雑誌の廃刊を匂わされた編集長・速水輝也は、社内政争に翻弄されながらも、持ち前の笑顔とユーモアとコミュニケーション能力で黒字化に向けて奔走する。交差する邪推、画策、疑惑…… 彼のその笑顔が消えたとき、やがて見

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加