東村アキコ、「結婚したい30代への助言」に見る矛盾――『東京タラレバ娘』に欠けていたモノ

東村アキコ、「結婚したい30代への助言」に見る矛盾――『東京タラレバ娘』に欠けていたモノ

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2017/08/10
No image

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の有名人>
「(結婚したければ)ツッコミ気質をやめること」東村アキコ
「CLASSY.」2017年9月号(光文社)

AVと少女漫画は似ていると思うことがある。

前者は青年向け、後者は少女向けだが、自分からアクションを起こさなくても、自分に都合のいいことばかりが起きるという意味でよく似ている。男を萎えさせるようなムダ毛が1本もない女優たちが、男優の技に歓喜し、必ずオーガズムに達するAVに嘘くささを感じる女性がいるように、“学園のスターが、平凡な私に恋をして両想い”という少女漫画の王道は、男性にとってはちゃんちゃらおかしいことだろう。AVや少女漫画はファンタジーの一種といえるが、婚活においては、ファンタジーに足を引っ張られることになる。なぜなら、婚活とは一種の条件闘争で超現実だからである。

水と油と同じくらい交わることのない、少女漫画と婚活。そこに切り込んだのが、人気漫画家・東村アキコの『東京タラレバ娘』(講談社)である。少女漫画と婚活といえば、『きょうは会社休みます。』(集英社)のように、ファンタジック路線を追求する(平凡な33歳OLが、酔っ払って12歳年下のイケメン高学歴大学生相手に処女喪失し、交際することになる。一方で「若い子に飽きた」年上のイケメン起業家にもアプローチされる)ものもあるが、『東京タラレバ娘』は、「夢を追いかけているうちに30歳を過ぎた」女子3人が、「結婚したいけれど、適当な相手がいない」という超現実的なテーマを掲げていただけに、個人的に期待していた。

婚姻率は、年齢が上がると下がる。国勢調査から計算すると、30歳の女性が35歳までに結婚する確率は30%程度、35歳をすぎると2%程度まで落ち込む(もっとも、結婚願望がない女性もいるので、この数字が正確とは言いきれない部分もあるが)。

『東京タラレバ娘』の33歳の主人公たちも、相席居酒屋で外見がタイプでない男性に「(年齢が)結構イッてるなと思って」と、「自分たちは、自分たちが思っているより若くない」ことを思い知らされる。このほかにも、本作には少女漫画とは思えないほど「もう若くない」ことを繰り返すエピソードはいくつかあり、不快に思う人もいたと思うが、私は逆に「若くなければどうしたらいいのか」を提示する伏線だと思っていた。

しかし、それは私の見当違いだった。まだ読んでいない方のために詳細は書かないでおくが、「若くなければどうしたらいいのか」についての答えはなかった。「結婚したからといって幸せではない」「幸せは自分の心が決める」と言われてしまえばそれまでだが、執拗に年齢や独身であることをディスられた主人公(と読者)たちは、“やられ損”ではないだろうか。はしごを外されたと感じたのは、私だけではなかったはずだ。

連載を終えた東村は、「CLASSY.」(光文社)のインタビュー企画「30代がくれたもの」に登場した。結婚したい「CLASSY.」読者に向けて一言という質問に対し、東村は「ツッコミ気質をやめること」と答えている。東村いわく、30代の女性は、合コン相手の「ネクタイの柄が変」とか「なんで飲み放題にしなかったの?」といった細かいことに目がいきがち。「たおやか」に振る舞い、ツッコミは裏でオンナ同士とすべきと答えていた。

ここで思い出すのが、東村の“女子会批判”である。東村は『東京タラレバ娘』の1巻から最終巻まで、一貫して「結婚したいなら、女子会は減らすべき」と書いている。が、「ネクタイの柄が変」な男に会ったことを、オンナ同士で話して発散するのが“女子会”なのではないだろうか。悪口は女子会で言え、でも、女子会をしていると結婚ができなくなるという東村理論は、矛盾しているのだ。

私に言わせるのなら、タラレバ娘たちは、ツッコミが足りないのだ。例えば、「ネクタイの柄が変」な男に会ったら、なぜそのネクタイを選んだのか(相手にも理由があるはず)、なぜネクタイの柄が変だと自分はイヤなのか(自分が相手に望む譲れない条件の1つに、“自分好みのファッションセンスの人”が入っていることがわかるはずである)などというツッコミだ。

ツッコミは自分にも入れなければ、フェアではない。「ネクタイの柄が変」と思う自分のセンスは、絶対に正しいのか。男性から見て、自分のファッションも「変だ」と思われている可能性はないか。もっというと「結婚願望がありながら、ずっと彼氏がいなかったのはなぜなのか」など、ツッコミどころはたくさんあるはずだ。もっと、相手や自分に向き合っていいのではないか。

最終巻まで読んだが、少女漫画の醍醐味の1つである男性キャラクターの魅力が、私には伝わってこなかった。倫子はKEYのどこがよかったのだろうか。若いイケメン芸能人だから? だとしたら、女性を年齢で選ぶ男性とたいして変わらない気がする。

倫子はKEYに「あなたの幸せが私の幸せ」と言っていたが、イケメンになら何をされても好きで、昭和ど演歌のようにすがり、早坂のような“いい人”はナメてかかる。こういった男性観は、少女漫画としても、実際のパートナーシップという意味でも、ズレていると感じずにいられない。

仁科友里(にしな・ゆり)
1974年生まれ、フリーライター。2006年、自身のOL体験を元にしたエッセイ『もさ子の女たるもの』(宙出版)でデビュー。現在は、芸能人にまつわるコラムを週刊誌などで執筆中。気になるタレントは小島慶子。著書に『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)、最新刊は『確実にモテる 世界一シンプルなホメる技術』(アスペクト)。
ブログ「もさ子の女たるもの」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
世帯年収430万円で"80万円改善"した方法
お酒を飲むのをやめると体に生じる7つの利点
【正解でええやろ!】子供がテストでバツをもらった回答がハイスペック過ぎてむしろスゲェ!
スマホを持たない女子高生が触っていたものは? 「切なくて泣きそうになった」「数年前までやっていた」と共感集まる
間取り図を一見しただけで「おかしい」とわかる物件揃いの「Y澤不動産」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加