巨人・沢村、中大の後輩・鍬原の初勝利に貢献!「鍬原のために」

巨人・沢村、中大の後輩・鍬原の初勝利に貢献!「鍬原のために」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/06/15

(セ・パ交流戦、ソフトバンク4-6巨人、3回戦、巨人2勝1敗、14日、ヤフオクD)巨人のドラフト1位・鍬原(くわはら)拓也投手(22)=中大=が14日、ソフトバンク最終戦(ヤフオクドーム)に先発。5回2/3で87球を投げ、4安打4失点(自責点3)と粘投し、プロ初勝利を挙げた。

六回二死。鍬原の降板後にマウンドに上がったのが、中大の先輩・沢村だ。松田を遊ゴロに打ち取り、反撃の芽を摘むと、七回も無失点。奮闘する後輩のため、全力で腕を振った。

「鍬原のためだし、それがチームのためにもなる。あいつの初勝利だと分かっていたし、どんな形でも勝ってスタートラインに花を添えられてよかった。彼はこんなもんじゃないと思っている。もっともっと勝ってほしいし、それがチームの勝ちにつながる」

この日は、同大OBの阿部も先制弾を放った。多くの援護に鍬原も「本当にうれしいです。沢村さんもホームランを打たれた後に抑えてくれた。亀井さんもずっと打ってくれているので、うれしい」と笑みがこぼれた。

No image

7回、打者を打ち取り叫ぶ巨人・沢村=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
1体357万円!ロッテ、『謎の魚』等身大人形発売 石川「僕は結構」
ソフトB川瀬がプロ初1軍遠征
日本ハム・上原、大谷以来のホームラン&勝ち投手!栗山監督ご機嫌「二刀流の秘密兵器」
ホームラン歴代3位・門田博光の「清宮幸太郎分析」がおもしろすぎる
丸が猛打ショー!ブレない存在カ~ン 交流戦4年ぶり負け越しなんの!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加