ナショナルズ、零封勝利で王者カブスとの戦績を再びタイに戻す

ナショナルズ、零封勝利で王者カブスとの戦績を再びタイに戻す

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/10/12
No image

17MLBプレーオフ、ナ・リーグ地区シリーズ(5回戦制)、シカゴ・カブス対ワシントン・ナショナルズ。8回に満塁本塁打を放ち、チームメートと喜ぶワシントン・ナショナルズのマイケル・テイラー(右、2017年10月11日撮影)。

【AFP=時事】17MLBは11日、プレーオフのナ・リーグ地区シリーズ(5回戦制)が行われ、ワシントン・ナショナルズは8回表にマイケル・テイラーが満塁本塁打を放つなどして5-0でシカゴ・カブスに勝利し、リーグ優勝決定シリーズ進出に望みをつなげた。

ナショナルズは昨季のワールドシリーズ王者カブスとの通算成績を2勝2敗として、シリーズを本拠地ワシントンで12日に行われる最終戦に持ち込んだ。勝者は14日に開幕するロサンゼルス・ドジャースとのリーグ優勝決定シリーズに進出する。

テイラーのポストシーズン初の本塁打は、ナショナルズの球団史上初となるプレーオフでの満塁弾となった。

豪雨により1日延期となっていたこの試合は小雨の中で行われたが、選手たちはこれに悩まされた。

ナショナルズのトレイ・ターナーは、3回に左翼への二塁打で出塁すると暴投で三塁に進み、ライアン・ジマーマンの打球をカブスのアディソン・ラッセルがエラーする間に先制の本塁を踏んだ。

さらに8回、ナショナルズは安打や四球ですべての塁を埋めると、テイラーが右中間スタンドにホームランをたたき込み、5-0と大きくリードを広げた。

ナショナルズ先発のスティーブン・ストラスバーグは、7回を投げて3安打2四球無失点、12奪三振でキャリア初となるプレーオフでの白星を手にした。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヤンキース勝利で優勝決定Sを1勝2敗に 不振のジャッジが3点本塁打
モートン7失点KO 有名ステーキ店所有疑惑解消も
強くなるには「チームの和」 選手の性格もデータ化
上原浩治が胸中吐露「乱れたままの心の状態」 それでも不屈の闘志示す
新ポスティング制度で大谷移籍の例外ルールは設けられるのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加