暮らしに馴染むアイテム多数! 代官山 蔦谷書店で「奈良の木」をテーマにイベント開催

暮らしに馴染むアイテム多数! 代官山 蔦谷書店で「奈良の木」をテーマにイベント開催

  • ニュースウォーカー
  • 更新日:2017/11/13
No image

代官山蔦谷書店で「奈良の木」をテーマにイベントが開催される

代官山 蔦谷書店で11月16日(木)から19日(日)の期間、「『奈良の木』のあるくらし~森からの贈り物~」フェア関連イベントが開催される。

【写真を見る】ここでしか買えないアイテムが多く揃っている

奈良の木を代表する「吉野杉」や「吉野檜」をはじめとした、 様々な吉野材を使って、 代官山 蔦屋書店コンシェルジュと日本を代表するデザイナー・作家・職人が、 暮らしにしっくりと馴染む、 新しいアイテムを提案していく。 HOMEWAREブランドSEE SEEのランプシェードや、木工作家である紀平佳丈の敷板、蓮弁皿他、今ここでしか買えない限定アイテムがそろう。期間中にはいくつかのトークイベントや、ワークショップも開催される。都心で「奈良の木」に触れて、文化・歴史を感じよう。【ウォーカープラス編集部/末次延蔵】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
痩せない理由、ここにあり!?今どき女性に多い「“ちりつも”習慣」って?
【衝撃】450年前の地図に「UFOを手にしたマーメイド」がハッキリ載っていた! 陸地には身長3~4mの「パタゴニアの巨人」も!
「白バイ」ぽい格好でバイクに乗ったら、周りの車も安全運転に。でもこれってOKなの?
「残業するな」「いいから帰れ」 会社員の4割が“ジタハラ”に悩み 高橋書店の調査
日本を襲う危機。「北朝鮮」が戦争に走れないたったひとつの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加