【フィリピン】ミンダナオ島「ISIS内戦被害者に、200万ペソを寄付」Noah Foundation

【フィリピン】ミンダナオ島「ISIS内戦被害者に、200万ペソを寄付」Noah Foundation

  • Global News Asia
  • 更新日:2017/09/16
No image

泉 忠司氏(右)、フィリピン軍最高司令官 エドアルド・アノ将軍(左)・寄付金の贈呈式(2017年9月13日)

No image

寄付金の贈呈式(2017年9月13日)

No image

ドゥテルテ 大統領(右)、フィリピン軍最高司令官 エドアルド・アノ将軍(左)

2017年9月13日、フィリピン・ミンダナオ島マラウィ地方で、ISIS(イラクとシリアで生まれたイスラム過激派組織)とフィリピン国軍との内戦が今も続いている。

Noah Foundationは、ケソン市のジェネラル  エミリオ アギナリオ フィリピン軍ベースキャンプで、寄付金の贈呈式を行った。日本からは、泉 忠司氏も出席した。

マラウィの内戦で、生活が困窮している方達の少しでも助けになればと、200万ペソ(約450万円)を寄付した。

フィリピン軍最高司令官のエドアルド・アノ将軍は、感謝の言葉が述べ、内戦の状況について詳細な説明をした。

Noah Foundationには、ドゥテルテ政権を支えるブルースリベラ弁護士など、多くの著名人がメンバーとして参加している。

(エドアルド・アノ将軍は、アキノ大統領時代からのフィリピン軍トップで、天皇陛下のフィリピン訪問時も警備の陣頭指揮を執った。ドゥテルテ大統領にも選ばれ現在も国軍を率いている)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
気持ち悪い!美人母の「母乳」を保母が勝手に飲む案件が発生する!
【報ステ】国連が現地調査を要求...ミャンマーは拒否
5メートルのワニ、殺される=警察が捜査、他が凶暴化の恐れ-豪
【報ステ】猛威振るう『マリア』プエルトリコに上陸
2年の移行期間提案=英首相
  • このエントリーをはてなブックマークに追加