大宮逃げ切れず、G大阪長沢が同点弾/宮-G26節

大宮逃げ切れず、G大阪長沢が同点弾/宮-G26節

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/16
No image

大宮対G大阪 前半、ゴールを決め喜び合うG大阪MF井手口(後方左)(撮影・鹿野芳博)

<明治安田生命J1:大宮2-2G大阪>◇第26節◇16日◇熊谷陸

ガンバ大阪と大宮アルディージャは引き分けに終わり、勝ち点1を分け合った。最初に試合を動かしたのはG大阪だった。前半28分にMF井手口陽介(21)のボレーシュートで先制した。

大宮の反撃は後半6分。こぼれ球に反応したMFマテウス(23)が右足を振り抜き、強烈なシュートで同点に追いついた。同29分にも大宮がCKから、オウンゴールで勝ち越しに成功した。だがG大阪は後半ロスタイム、FW長沢駿(29)が執念の同点ゴールを決めてドローに持ち込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
[関東]木戸や柴戸がゴール!“後期の明治”が覚醒か、首位・筑波大は公式戦4戦ぶり白星:第13節
20歳伊藤達哉がブンデス1部デビュー!!酒井高徳は今季初フル出場もHSV痛恨4連敗
東京、新監督候補にG大阪長谷川健太監督が浮上
独3年目の20歳伊藤達哉がブンデス1部デビュー。酒井高徳はフル出場
劇的な決勝弾すら「平常運転」の鹿島。ふたたび黄金時代が到来か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加