“ベア”月額3000円 春闘へ電機各社が要求書提出

“ベア”月額3000円 春闘へ電機各社が要求書提出

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/02/16
No image

動画を見る(元記事へ)

日立製作所など電機大手各社は、今年の春の労使交渉の要求書を経営側に提出しました。

日立製作所は春の労使交渉で、ベースアップに相当する賃金改善分として月額3000円などを盛り込んだ要求書を経営側に提出しました。要求内容は各社の労働組合で構成される電機連合の方針に沿ったもので、今後、労使での個別の交渉が本格化します。また、経営再建のために電機連合の統一交渉から離脱していた東芝は3年ぶりに、シャープは6年ぶりに統一交渉に復帰します。また、トヨタ自動車やホンダなど自動車メーカーも、各社の労働組合からなる自動車総連の方針に沿って月額3000円を求めています。今後、労使での交渉が進められ、来月14日に集中回答日を迎えます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
コインチェック、「お答えできない」のオンパレード...超高学歴集団の実像
一夜にして5千万円近くが消失、“恐怖指数”金融商品の恐怖
大王製紙の没落...創業家がカジノ狂いで横領事件、抗争に明け暮れ業界再編に乗り遅れ
日本で強いブランドは何か? ブランド・ランキング公開
仮想通貨のダークプールとは何か
ウォール・ストリート・ジャーナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加