寝癖がつく原因って何? 皮膚科医にメカニズムと直し方を聞いた

寝癖がつく原因って何? 皮膚科医にメカニズムと直し方を聞いた

  • Excite
  • 更新日:2016/12/01
No image

毎朝、寝癖がひどくてやってられないという人はいないだろうか。確かに寝癖がひどいと寝癖直しに朝の時間がとられ、効率が悪い。さらに寝癖が直らない場合もあるからたちが悪い。このにっくき寝癖は、どうすれば防ぐことができるのだろうか。
そのメカニズムに迫ってみた。

寝癖はなぜつくのか

皮膚科医で、美容皮膚科と毛髪を専門とする高橋栄里先生に聞いたところ、寝癖がつく一番の原因は「濡れたまま寝る」ことにあるという。
なぜ髪が濡れたままだといけないのだろうか。

「寝癖は、髪が乾いていく最中につきます。お風呂で髪を洗った後、完全に乾かないうちに寝てしまうと、乾かしながら頭を枕に密着させて、その髪の状態が固定されてしまい、その形状が記憶されてしまうことで、寝癖になります」

では、なぜ乾いていくうちに、寝癖がつくのだろうか。髪の内部では、いったい何が起きているのか。

「髪は乾いていく最中に、髪の分子が『水素結合』というものを起こします。
そもそも、髪は水に濡れると、実は髪の内部で、結合が切れます。よく、髪を濡らすと髪がうねりますよね。この状態は、髪の内部がフリーになって、結合が切れている状態です。そして、髪が乾いていく最中に、また水素結合が起きます。
要するに、髪が乾く過程で、髪を変なかたちにキープされてしまうと、その変なかたちのまま、水素結合が起きるため、変な寝癖がついてしまうのです」

なるほど。寝癖というのは、水分が乾いて結合しつつあるときにつくものであるということだ。つまり、寝癖がつかなくするためには、完全に乾かして、水素結合を済ませてから寝ればいい。実に単純なメカニズムであった。

ちなみに高橋先生によれば、髪のかたちが作られるもののうち、水素結合の他にも3つほどあるという。髪にはこんな理由で切断、結合していたとは驚きだ。

・水素結合 水によって切断され、乾燥で再結合する
・シスチン結合 パーマの1剤によって切断され、2剤で再結合する
・塩結合(イオン結合) 等電点が外れると切断され、戻ると再結合する
・ペプチド結合 アミノ酸による結合。強いアルカリ性や強い酸などで切断される

寝癖を速攻でとるには?

No image

ところで、ついてしまった寝癖は、どうすれば手早く取れるのだろうか?

「髪を濡らして、また水素結合を解くことです。直接濡らすこともできますが、蒸しタオルを乗せる方法はおすすめです。実際、美容院でも行っています」

寝癖の原因は、水素結合にあった。そして、寝癖を制するには、また水素結合を行えばいい。とにかく水素結合のことだけ考えて、髪とうまくつきあえば、寝癖は防ぐことができるだろう。毎朝、寝癖に悩まされている人は、ぜひこのことを踏まえて、対策を取ってみよう。
(石原亜香利)

監修・取材協力
皮膚科医 高橋栄里先生
専門:美容皮膚科、毛髪
http://dre-cli.com/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ムリ言わないでよっ!カレシに求められた「不可能なエッチ」3つ
その手があったか!「コンドームエッチ」で気持ち良くなる方法3つ
人をダメにする着る毛布「ダメ着」のニューバージョンが完全にダメなやつ / 頭から足まですっぽり包まれて着たままトイレもできる!
「この老夫婦、40年前の姿が想像できたら神だと思う...」孫が見たら仰天しそうな写真
貴方の職場にも必ずいる!『二流すぎるアホ上司』の3大特徴はこれだ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加