スマホメーカーならではの携帯性や機動力!動画視聴にもオススメのノートPC『HUAWEI MateBook X』

スマホメーカーならではの携帯性や機動力!動画視聴にもオススメのノートPC『HUAWEI MateBook X』

  • @DIME
  • 更新日:2017/09/17
No image

ファーウェイ『HUAWEI MateBook X』
オープン価格(実勢価格約14万円~)

世界第3位のスマホメーカーの13インチのノートPC。CPUにインテルCore i7を採用しSSD512GBのプレステージゴールドと、Core i5でSSD258GBのスペースグレー、ローズゴールドの3色が選べる。OSはWindows10。●約幅286×高さ211×厚さ12.5mm、約1.05kg。

●スマホで培った高密度設計でスリムボディーを実現

No image

ファンをなくす代わりに、航空宇宙技術を用いた独自のクーリングシステムを採用。静音かつ埃を吸い込むリスクを低減するとともに、厚さ12mmとスリムなボディーサイズを実現。この薄さでバッテリー駆動時間も約10時間と十分だ。

●13インチなのに本誌と同じサイズ!

No image

スマホで培った狭額縁設計により、13インチのノートPCとしては最小クラスのサイズを実現。DIME本誌を重ねたらちょうど後ろに隠れてしまうくらいコンパクトだ。

●キー上のスピーカーで迫力の音を実現

No image

キーピッチ19mmのフルサイズキーボードを搭載。その上にあるスピーカーはドルビー社と共同開発した、「Dolby Atmos Sound System」に対応。このサイズからは想像ができないほど、立体的で重厚なサウンドが楽しめる。

●安心の指紋認証と起動がワンタッチ

No image

指紋認証もスマホで培った技術のひとつ。電源ボタンと一体化することで、指紋認証からPCの起動までがワンタッチでできる。ボタンやキーボードが、本体色と同色に塗装されたデザインにもこだわりが感じられる。

【検証結果】

スマホで培ってきた技術が随所に生かされていて、携帯性や機動力に優れるうえ、デザイン性も高い。また音にもこだわっていて、この大きさからは想像できないくらい良い音が楽しめる。動画の視聴にも良さそうだ。

文/太田百合子

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Amazonが『Amazon Fire HD10』タブレットを発表 32GBモデルがプライム会員なら1万4980円
ZOOM、ゼンハイザーのVRパートナーシップへの参加を表明
人気クリーンソフト「CCleaner」、マルウェアに感染した状態で配布
最新研究で「消える職業」がさらに増加! それでも生き残る7つのモデルとは?
スマホを近くに置くだけで複数台へ同時に給電できるワイヤレス充電端末「Pi」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加