加入7年目、出場0分...チェルシーGKの珍キャリア、スペイン紙が特集

加入7年目、出場0分...チェルシーGKの珍キャリア、スペイン紙が特集

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/11/14
No image

2011年からチェルシーが保有権を持っているGKデラッチ(写真は2012年) [写真]=Chelsea FC via Getty Images

チェルシーが保有権を持つ元U-21クロアチア代表GKマテイ・デラッチの“珍キャリア”を、12日付のスペイン紙『マルカ』が特集している。

デラッチは1992年生まれの25歳。年代別のクロアチア代表に名を連ね、将来を嘱望されていた。当時17歳の2009年、チェルシー加入が決定。実際の加入は2011年1月だったが、レンタル移籍での武者修行を繰り返すこととなった。オランダのフィテッセ、チェコのディナモ・チェスケ、ポルトガルのヴィトーリア、クロアチアのザプレシッチ、セルビアのノヴィサドとサラエヴォ、そしてフランスのアヴィニョンと渡り歩き、現在はベルギーのムスクロンでプレー。実に8カ国、8クラブでキャリアを歩んできた。

しかしデラッチは“クラブ最古参となった今も、チェルシーで公式戦に出場した経験を持っていない。『マルカ』は「チェルシーのファンに“最も長く所属している選手は誰?”と聞いても、おそらくその人は誤った答えを言うだろう。スタンフォード・ブリッジで、誰もそのプレーを観たことがないのだから」と記し、デラッチの“珍キャリア”に注目している。

果たして、チェルシーでプレーする瞬間は訪れるだろうか。しかし今回の報道によると、デラッチは25歳となった今もイギリスの労働許可証を取得できておらず、退団決定が迫っていると伝えられている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中村俊輔が“サッカーセンス論”を激白 闘莉王を引き合いに断言「自主練を見れば分かる」
インテルの社長がPUBGをプレイ、そこでまさかの......
高徳が選ぶ代表ベスト11...直近招集外の“ビッグ3”からは2人を選出
“シンジ・フィーバー”誕生の瞬間 香川真司が語る伝説のゴール「頭が真っ白でした」
なぜ平然とハンド? GKが仰天の珍プレーで一発退場、海外唖然「ばかげている」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加