フル出場の長友佑都が惜しい強烈ミドルも...ガラタサライ、スコアレスでCLドロー発進

フル出場の長友佑都が惜しい強烈ミドルも...ガラタサライ、スコアレスでCLドロー発進

  • サッカーキング
  • 更新日:2019/09/19
No image

ガラタサライに所属する長友佑都(写真は19年2月のELベンフィカ戦) [写真]=Getty Images

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節が18日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するガラタサライはアウェイでクラブ・ブルージュと対戦した。長友は左サイドバックで先発出場した。

ガラタサライは前半なかなか決定機を作れず、逆にブルージュは34分にフェデリコ・リッカがペナルティエリア左でこぼれ球をを左足ダイレクトで叩くが、これはクロスバーに弾き返された。

後半もブルージュが先にチャンスを作り、51分にエマヌエル・ボナヴェントゥレがエリア左へ抜け出し、54分には14番が右CKでヘディングシュート。だが、ガラタサライは守護神フェルナンド・ムスレラの好セーブ連発でピンチをしのぐ。

ガラタサライは61分、ソフィアン・フェグリがエリア右から左足で狙うが、シュートは枠の上。82分には、長友がFKのこぼれ球を拾い、エリア手前から強烈なミドルシュートを放ったが、惜しくも枠の左へ逸れた。試合はこのままスコアレスで終了。ガラタサライはCLドロー発進となった。

次節、ガラタサライは10月1日にホームでパリ・サンジェルマンと、クラブ・ブルージュは同日にアウェイでレアル・マドリードと対戦する。

【スコア】
クラブ・ブルージュ 0-0 ガラタサライ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
FIFA20、UTモードで最も「コスパよし」な10名
北朝鮮 対 韓国、南北サッカー試合が示した「現実」
ビーチバレー坂口佳穗“美し過ぎるスジ”を見せつけ初優勝!
ナポリ会長、クリバリ売却可能性認める...「売却しなければならない時が来る」
天皇陛下即位に伴う祝賀パレード 延期で祝日は増えるのか内閣府に聞いてみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加