大谷 日本ラストはリアル二刀流解禁も 栗山監督「いろいろ考えている」

大谷 日本ラストはリアル二刀流解禁も 栗山監督「いろいろ考えている」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/16

今オフ、ポスティングシステムを利用してメジャー挑戦の意思を固めた日本ハム・大谷が、今季最終登板でDH解除の「リアル二刀流」で出場する可能性が15日、浮上した。栗山監督が投打同時起用について「いろいろなことを考えている。何でも(可能性は)ある。その中で何を選択するか」と語った。

No image

日本ハムの大谷

大谷は今季は故障に泣き、ここまで投打同時出場はない。二刀流でのメジャー挑戦を希望するだけに、昨年レギュラーシーズンで7戦7勝だった「リアル二刀流」を渡米前に一度は経験しておきたい。視察に訪れるメジャー球団に対するアピールにもつながる。

14日のロッテ戦は登板から今季初めて中1日で打者出場。「問題はない」と万全をアピールした。次回登板は21日のソフトバンク戦(札幌ドーム)が有力視され球数制限は110球程度。その次が今季最終登板で、制限なしで投げる予定だ。

日本ラストとなる可能性のある舞台で「リアル二刀流」が復活を告げるか。その候補日は30日から続く本拠地・札幌ドームでの4試合が有力だ。指揮官は「体のことを見ながら前に進める。俺があいつ(大谷)のために何をしてやれるか」と言った。二刀流・大谷。北の大地で5年間の集大成を見せる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「落ち着いて」...本塁打後に全力疾走の強打者、投手に制されスローダウン!?
清宮、プロ志望届提出の意思固める 近日中に会見
名コーチが論証。清宮、中村が打てなかった原因は木製バットじゃない
相手に重圧を与える代走の切り札の存在 意思統一された広島の走塁
広島連覇のカギはスカウトにあり「絶対誠也がいい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加