タカマツペアは快勝 奥原選手は涙の棄権、バドミントン全日本総合

  • TBS News i
  • 更新日:2016/12/01
No image

流行語大賞の候補にもあがったバドミントンの「タカマツペア」こと高橋・松友ペア。全日本総合選手権2回戦で、リオオリンピック金メダリストの実力を見せつけました。

まずは第1ゲーム、速い展開から高橋選手の強打が冴えます。第2ゲームでは、松友選手が技ありのフェイントで翻弄。2人の息がピッタリ合った世界一のコンビネーションが炸裂します。試合時間は37分、相手を全く寄せ付けずストレートで圧勝です。

また、リオオリンピック女子シングルス銅メダリストの奥原希望選手は、右肩のけがで涙の途中棄権。オリンピックイヤー最後の大会を勝利で飾れませんでした。(01日17:38)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【告知】錦織らIPTL 3日目
バド西本が初V 桃田に挑戦状!違法カジノで代表除外...辛酸なめた
日本ラウンドが終了、ジャパン・ウォリアーズはホームで2勝目ならず [Coca-Cola IPTL]
錦織 勝利も、ジャパン敗れる
錦織打ち納め プロ転向10年の来季もトップ5以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加