ベトナム航空、日本線3路線で大型化や増便 東京/成田〜ホーチミン線にもエアバスA350型機投入

ベトナム航空、日本線3路線で大型化や増便 東京/成田〜ホーチミン線にもエアバスA350型機投入

  • Traicy
  • 更新日:2018/02/16
No image

ベトナム航空は、日本とベトナムを結ぶ3路線で大型化や増便を行う。

名古屋/中部〜ハノイ線では3月25日から4月8日まで、東京/成田〜ホーチミン線では7月1日から機材を大型化し、新たにエアバスA350-900型機を投入する。いずれの路線も現在はエアバスA321型機を使用している。ビジネスクラス29席、プレミアムエコノミークラス36席、エコノミークラス240席の計305席を配置しており、供給座席数は100席以上増加する。

また、週5便を運航している東京/成田〜ダナン線は、繁忙期のみ毎日運航とする。毎日運航するのは、3月25日から4月1日までと、7月1日から9月30日まで。機材はビジネスクラス16席、エコノミークラス162席の計178席を配置した、エアバスA321型機を使用する。

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
全米ライフル協会への優遇打ち切り続々 航空大手ら
京急電鉄「創立120周年記念乗車券」 発祥の地・川崎大師駅で発売
ワタミ、客離れ終了で完全復活寸前...その「目立たない要因」、鳥貴族と真逆戦略
150万円以下からのキャンピングカー生活!格安で始められる「軽キャンパー」6選
売れ筋ダウンはモンクレールとユニクロ 両極端な消費動向
  • このエントリーをはてなブックマークに追加