【京都】あの人気店「つけ麺 夢人」が3年を経て帰ってきた!より美味しく!

【京都】あの人気店「つけ麺 夢人」が3年を経て帰ってきた!より美味しく!

  • Kyotopi [キョウトピ]
  • 更新日:2018/10/11

山科の御陵駅近くあった人気店「麺屋 夢人」、3年の時を経て同じ山科へ帰ってきました。前よりもブラッシュアップされたニューつけ麺、ぜひ味わってきてください!

あの人気店が帰ってきた!

No image

この「つけ麺」を見ただけで、店名が思い浮かんだ人は結構なラーメン通かも。

約3年前に怪我の治療のため、閉店された山科の人気店「麺屋 夢人(ゆめんちゅう)」

その人気店が約3年の時を経て、同じ山科へ帰ってきました。再オープンは2018年10月1日、夢人のつけ麺を求めて、オープン時には50人ほど並ぶほどの盛況でした。

No image

こちらが新店舗の外観、同じ山科ではありますが、少し場所が変わっています。
最寄駅は、JR・京阪の山科駅か地下鉄東西線の御陵駅、ちょうど中間あたり。

駐車場はなく、店舗前には二輪車が数台おけるスペースがあるくらい。
パーキングはすぐ近くにあります。

No image

お店は京都薬科大学の真ん前。この日も多くのお客さんが来られていましたが、場所柄学生さん多数。意外と女性のお客さんも多くて、ビックリしました。

No image

メニューはシンプル、つけ麺の1メニューのみ。
サイズは、小~特大まで。
サイドメニューは、バターご飯、チャーシュー丼、しめごはん。
餃子や唐揚げといったメニューはなく、いたってシンプル。

No image

店内にも待合スペースがあります。
新店なので、きれいな店舗です。
カウンター席が8席、4人掛けのテーブル席が1卓です。
座席だけではなくキッチンも以前の店舗より、かなり広くなりました。

より美味しくなったつけ麺

No image

今回は、つけ麺の大(850円)とバターごはん(300円)に。
大だと麺の量は320グラムと結構なボリュームです。

No image

角のたった極太麺は、自家製です。
レアチャーシューと半煮玉子がトッピングされています。

No image

薄くスライスされたレアチャーシューは、しっとりとした仕上がり。
おつまみ用にチャーシュー盛りもありますよ、ビールにもピッタリ!

No image

魚介豚骨系のつけ汁は、少し酸味と柑橘系の風味がある少しあっさり目の仕上がり。
濃度もそれほど高くなく、麺にまとわりつく感じではなありません。
極太麺はコシが強いタイプではなく、比較的滑らかな食感で、つけ汁との相性もいいですね。

魚介と豚骨の旨味も効いていますが、あっさり・さっぱり仕上げなので、食べやすくつけ麺初心者にもオススメな一杯。女性のお客さんが多いのも納得。

No image

つけ麺だけではなく、ぜひこのバターご飯(300円)も食べて頂きたい!
甘みの効いた醤油ダレがかかったご飯に細切りチャーシューがオン、仕上げにバターをのせ、軽く表面を炙ることで香ばしさがプラスされています。

No image

チャーシューの旨味と醤油のコク、バターのまろやかさが重なりあい、絶妙な美味しさ。
少しご飯を残してつけ汁にいれて、おじや風にしても美味しいです。

No image

最後の〆は、お出汁をたしてスープ割りに。最後の一滴まで残すことなく美味しく頂きました。

閉店から3年が経とうというのに、ブランクどころかよりブラッシュアップされ帰ってこられたように思います。
場所的になにかのついでにという訳にはいきませんが、ラーメン・つけ麺好きの方にはぜひ訪れてほしいと思います。
オープン後も色々と改良されているようなので、益々のご活躍に期待です!

つけ麺 夢人 クチコミでの評判

No image
No image

つけ麺 夢人に行ってきた。京都橘大学に在学中によく行ってたラーメン屋がつけ麺専門で帰ってきた。味も2年10ヶ月の空白を感じなかったのは素晴らしいと思う。山科もブライトンホテルがなくなったりしたけど、ここから巻き返してほしい。
— ガルル (@MELL2541)
October 6, 2018
from Twitter

つけ麺 夢人 店舗情報

店名:つけ麺 夢人
住所:京都市山科区御陵中内町38-14 都ビル1F
電話番号:080-3115-7222
営業時間:11:30~14:00 / 18:00~21:00 [日]11:30~14:30
定休日:水曜日、日曜日夜
関連ページ:https://twitter.com/yu_men_chu

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加