東京メトロ、銀座線車両内に訪日外国人向け無料Wi-Fi導入

東京メトロ、銀座線車両内に訪日外国人向け無料Wi-Fi導入

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/11/30

東京メトロは11月29日、訪日外国人向け無料Wi-Fiサービスについて、12月1日より、銀座線の車両内に順次導入することが決定したと発表した。

同社は、無料Wi-Fiサービスとして、NTTブロードバンドプラットフォームによる「Metro_Free_Wi-Fi」「Japan Connected-free Wi-Fi」と、ワイヤ・アンド・ワイヤレスによる「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」を提供している。

これまで、無料Wi-Fiサービスを東京メトロ全駅(一部管理委託駅を除く)の駅構内で提供してきたが、上野や浅草など、沿線に人気の観光名所が多い銀座線で1編成のサービス開始を皮切りに、2016年度末までに 5編成の導入を進め、2020 年度までに全編成の導入完了を目指し、順次サービスを開始する。

No image

サービス導入対象の銀座線1000系車両

また、丸ノ内線、日比谷線においても、新型車両の導入に合わせてサービスの開始が計画されている。

丸の内線は新型車量(全53編成)が対象で、導入開始予定が2018年度、導入完了予定が2022年度となっている。

日比谷線は13000系車量(全44編成)が対象で、導入開始予定が2016年度、導入完了予定が2020年度となっている(当面は「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」のみ提供予定)。

No image

サービス導入対象の日比谷線13000系車両

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アストンマーティンとレッドブルのハイパーカー、「AM-RB 001」...150台が完売
日経平均上昇“トランプラリー”で積極投資
観光客、呼んだはいいが“無責任”エジプト
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
冬のボーナス、国家公務員に支給 平均約70万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加