ベースメイクアップのより詳しい解説はこちらから!

ベースメイクアップのより詳しい解説はこちらから!

  • SPUR
  • 更新日:2020/03/26

軽やかな抜け感はあるのに手抜きに見せない、素肌を活かした今年らしいベースメイクアップ。より詳しい解説はこちらから! ポイントを押さえて、透明感と立体感に恵まれた“生まれつき美肌”を演出したい。

BEFORE

No image

化粧水で水分を、乳液やクリームで油分も補い、スキンケアのフィニッシュで日焼け止めまで塗っておく。この段階で、頬に柔らかな潤いのツヤがあることを確認

①下地で肌全体を均一に整え、透明感を

No image

額、両頬、アゴの4ヶ所に下地をのせ、顔の内側から外側に向かって指の腹でムラなく均一にひろげる

②コンシーラーで色トラブルを補正

No image

シミやニキビ跡、色ムラのほか、目の下、目尻、小鼻、口角など、くすみや赤味がでやすいパーツを補正すると肌印象がぐっと垢抜ける。目の下は目頭から放射状に塗ってカバーして

No image

気になるターゲットにチップで直接のせたら、中指で力を入れずにトントンと押さえるイメージ。目尻のキワのくすみも修正すると、目のフレームが際立つ

No image

赤味が目立つ小鼻の周りを囲むように。よれやすい部分なので、指でしっかり叩き込む

No image

意外にくすみがちな口角にチョンとのせてフィックス。リップメイクもくっきり映える

③透明パウダーでテカリ、ヨレ、崩れを阻止

No image

ブラシにパウダーを含ませたら、一度ティッシュで余分な粉をサッと払ってから、最初に小鼻の周りにのせ、そのまま額から眉間、鼻筋にも

No image

ブラシに残ったパウダーで、目の下にも横にスッとすべらせる。コンシーラーをフィックスさせ、アイメイクのにじみを防ぐ効果も

④ブロンザーで影を仕込み、輪郭を引き締める

No image

大きめのブラシにパウダーのブロンザーを含ませ、頬骨の指2本分下のくぼみから口角に向かって、数回往復させる

No image

パウダーを足さず、ブラシに含ませたブロンザーの残りで、フェイスラインに沿ってアゴの近くまでふんわりぼかす。こめかみから頬骨の下、エラの下まで数字の3を描くイメージでブラシを動かす

⑤リキッドハイライトでグロウな光沢を足す

No image

光を集めて高く見せたい、頬骨の上、眉間、あごにクリーム状ハイライトをチョンチョンとのせる

No image

のせた部分から横に広げず、スポンジで上からトントン押さえるようになじませる。眉間だけ鼻筋に沿って縦に伸ばす

完成!

No image

>>【厳選! 素肌になりすます、ティント、CC、薄付きファンデーション】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
顔のたるみ対策に鍼灸師の新メソッド“ユビバリー”を実践!
マスクを着けるとなんだか地味!? ゴム1本で美人匂わせヘアアレンジ
「歴代最高に落ちないリップ」「コップに色移りしない」など、歴戦の美プロも太鼓判の「マットリップ」5選!
55kg→41kgにやせた管理栄養士が、リバウンドしていない理由
間違ったクレンジングは乾燥のモト 肌が自ら潤う力を引き出す夜ケアを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加