日本ハム 大野が右肘の手術へ「万全の体で来季を迎えられると思います」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/13

日本ハムは13日、大野奨太捕手が16日に札幌市内の病院で内視鏡による「右肘関節内遊離体除去術」を受けると発表した。

今季は開幕前に侍ジャパンの一員としてWBCに出場。シーズンでは83試合に出場して打率・221、3本塁打の成績を残した。球団を通じて「早い段階で手術することができるので、万全な体で来シーズンを迎えられると思います。早く治して、いいプレーをお見せできるように頑張ります」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ゴルフ東京五輪コーチを要請された宮里藍の指導方針は?
中日京田が二塁守備練習「やったことのないところ」
【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ編 「黄金時代へ 需要に合ったドラフト戦略を」
FA取得大和&俊介を慰留へ 複数年契約提示も視野に
ロッテ福浦、コーチ兼任は井口監督からのオファー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加