最後の花園逃した伏見工に平尾誠二さんならきっと...

最後の花園逃した伏見工に平尾誠二さんならきっと...

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/13
No image

伏見工・京都工学院対京都成章 決勝戦で京都成章に敗れ涙を見せる伏見工工学院フィフティーン(撮影・加藤哉)

<全国高校ラグビー京都府予選:京都成章22-14伏見工・京都工学院>◇決勝◇12日◇京都・宝が池球技場

“最後の花園”出場を逃した伏見工・京都工学院の高崎利明ゼネラルマネジャー(GM)が、昨年10月に他界した同校OBで元日本代表監督の平尾誠二さんを思いやった。

号泣する部員の横で取材に応じた同GMは「アイツ(平尾さん)はきっと『たいしたことないな~』って言っているでしょうね。『あれがアカンからや、これがアカンから負けたんや』という話をすると思います」としみじみと語った。

平尾さんとともに80年度に初の全国制覇を達成した同GMは、後半ロスタイムにWTB藤井が奪った執念のトライを振り返り「本当なら、最後のあのトライで逆転勝ちをしないといけなかった。我々は勝つために試合をしている。負けていい試合はない」と指摘した。

京都成章には春の総体で0-41で敗れており、同GMは「大敗してもおかしくなかった。決勝は伏見のプライドを捨てて、勝つために戦った。相手に攻めさせると必ずトライを奪われる。ボールを与えないために、グラウンドを広く使うラグビーをあえて捨てた。その中でよくやってくれたと思う」と部員をたたえた。

松林拓監督は「伏見工の名前はすごく重かった。これは仕方のないことだが、いつか伏見工の歴史は終わりが来る。全国に行って、花園で活躍させてやりたかった」と人目をはばからずに男泣きした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「泥酔した女性を家に泊めた彼氏」に激怒の彼女 「駅に放置しろ」と賛否両論の声
加熱式タバコ、半年吸ったら健康になった!?
乃木坂46白石麻衣、メンバーから“下着”に疑惑 実姉の暴露も
40センチバッサリ!花田美恵子、“人生をリセットする”ショートヘア
ビックカメラで売れているウルトラライトな家電10選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加