市川猿之助「左腕開放骨折」で完治まで半年見込み

市川猿之助「左腕開放骨折」で完治まで半年見込み

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/12
No image

市川猿之助(5月29日撮影)

左腕開放骨折でスーパー歌舞伎セカンド「ワンピース」(11月25日まで、東京・新橋演舞場)を休演した市川猿之助(41)が完治までに半年近くかかるとみられることが11日、分かった。

関係者によると、骨折は数カ所で、骨がバラバラとなる粉砕骨折の箇所もあるという。9日に手術を受けたが、今後も何度か手術する必要があるという。関係者は「ギプスをはめて、あまり体を動かさなければ、11月にも復帰は可能だろうが、無理をしないほうがいいのでは」と話している。

猿之助は9日の公演のカーテンコールで花道のセリから降下時に、衣装の左袖が昇降装置に絡まり、救急搬送された。骨が皮膚を突き破る左腕開放骨折で、翌10日から尾上右近(25)が主人公ルフィ役を代演している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
16歳で出産した女子高生、整形女性器公開に続き“アナルプレイ”配信! 「最悪のリアリティスター」の声
海老蔵 2人の子供がママへの思い祈り、現れたのは...
元SMAP・香取慎吾のイベントに、ついに飯島三智マネジャーが現れた!「異常な拒絶反応でキレまくり......」
清水良太郎、父から与えられていた財産総額がスゴい
Berryz工房・菅谷梨沙子が結婚と妊娠 「デキ婚」に批判の声も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加