【川崎】連敗スタートも復調気味?小林悠にズバリ訊いた「今のチーム状態は何パーセント?」

【川崎】連敗スタートも復調気味?小林悠にズバリ訊いた「今のチーム状態は何パーセント?」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/02/15
No image

キックオフカンファレンスに出席した小林。チームの現状を語った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

2月15日に都内でJリーグキックオフカンファレンスが行なわれ、昨季のリーグ王者である川崎からは小林悠が出席した。

4冠を目標に掲げる新シーズンは、2月10日のC大阪とのゼロックス・スーパーカップ(●2-3)、2月13日の上海上港とのACL初戦(●0-1)と、まさかの連敗スタートとなった。

もっとも小林悠は「結果は残念ですが、チームとして良くなっているところはたくさんありますし、とにかくここで崩れないことが大切だと思います。ブレずにやっていきたいです。自分たちがやってきたことを貫きたいです」と前を向く。

2月25日のリーグ開幕戦の相手は磐田だ。昨季はホームで2-5と大敗した相手だけに、小林も警戒を強める。

「スタートダッシュという意味でも勝つことが大切だと思います。強い相手ですが、一丸となって臨みたいです。磐田は失点が少ないチームですし、前線には中村俊輔さん、川又堅碁、アダイウトンら個の力のある選手がいます。そこをどう抑えるかが鍵になるはずです。乗せてしまうと厄介なので、注意したいです」

では、リーグ開幕に向けて今のチーム状態はどれほどなのか。その問いにはこう答えてくれた。

「70(パーセント)いくかいかないかくらいだと思います。でもここからACL(2月20日にアウェーで蔚山現代と対戦する)を挟んでリーグ開幕へさらに状態を上げていけるはずです」

磐田戦には100パーセントまで近づけるのか注目だ。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
五輪の観客に紛れる「ホワイトフレンズ」とは誰?
ウォール・ストリート・ジャーナル
[新人戦]苦戦を「良い経験」に修正した大津、九州準決勝を4-0で突破!
【J1キーマン・FC東京】FW矢島輝一 涙の一夜を経て「恩返し」の誓い
「どんないい話でも移籍したいとは思わなかった」。異端児・平本一樹、東京Vで引退という決断【谷間の世代と呼ばれて】
“駆け込み移籍”も!? JFAが最新「移籍リスト」発表! 29選手の去就がいまだ不透明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加