カンヌで新人監督賞獲得、フランスの新鋭による処女長編「若い女」公開

カンヌで新人監督賞獲得、フランスの新鋭による処女長編「若い女」公開

  • ナタリー
  • 更新日:2018/04/17

2017年のカンヌ国際映画祭でカメラドール(新人監督賞)を獲得した、レオノール・セライユの処女長編「Jeune Femme」が「若い女」の邦題で2018年夏に公開される。

No image

「若い女」

仏パリを舞台に、10年間付き合った男に振られ、あげくの果てに自分の居場所をなくしてしまう31歳の女性ポーラの姿を描いた本作。2013年にフランス国立映画学校の卒業制作として執筆した脚本を、セライユが自ら映画化した。

元彼から盗んだ猫ムチャチャのために居候先や安宿を追い出され、実家に戻ろうとしても疎遠だった母親から拒絶されてしまうポーラを演じたレティシア・ドッシュ。彼女は本作の演技により、2018年のリュミエール賞で最有望女優賞を獲得している。

「若い女」 は東京・ユーロスペースほか全国で順次ロードショー。

(c)2017 Blue Monday Productions

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「竜馬がゆく」英訳本刊行へ 熱心なファンの尽力で実現
『アベンジャーズ』吹替声優陣にも箝口令「自分のところ以外はわからない」
「近年で最恐」と評判の高いサイコ・ホラー映画「Hereditary」予告編第2弾
4月21日の注目映画第1位は『レディ・プレイヤー1』
【ネタバレなし】これは“大人のための”コナンだ 「名探偵コナン ゼロの執行人」7つの魅力【最速レビュー】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加