紙を重ねてアートナイフで“彫る”ことで生まれた立体作品の展覧会「全国 彫紙アート展 2016」

紙を重ねてアートナイフで“彫る”ことで生まれた立体作品の展覧会「全国 彫紙アート展 2016」

  • MdN
  • 更新日:2016/10/19
No image

「全国 彫紙アート展 2016」

一般社団法人 日本彫紙アート協会は、「全国 彫紙アート展 2016」を大阪と東京で開催する。大阪では、会期が2016年10月18日(火)〜10月23日(日)で、会場がenoco 江之子島文化芸術創造センター 1F「ルーム4」。東京では、2016年10月27日(木)〜11月1日(火)に、PROJECT GALLERY(プロモアルテ内)にて開催される。いずれも入場無料で、時間は11:00〜19:00。それぞれ最終日のみ終了時間が早く、大阪では16:00まで、東京では17:00までとなる。

「彫紙アート」は、紙を幾重にも重ねてアートナイフで“彫る”ことにより、独特の配色での美しい立体作品を作るアートだ。さまざまな紙の質感と豊富な色数の組み合わせで、切り絵とは一味違った奥行きが生まれることが魅力。TVや雑誌などでも紹介された日本発信の新しいアートで、全国に女性アーティストや講師が増え始めており、海外からも注目されている。一般社団法人 日本彫紙アート協会では、この「彫紙アート」を楽しめる「一般クラス」や、資格取得を目指す「認定講座」を展開。全国各地に、認定インストラクターたちが開講する教室がある。

本展では、全国の彫紙アーティスト150人の作品を展示。この展覧会は2007年に第1回がスタートし、今年は9回目となり、活動するアーティストの人数や地域も増えたため、大阪と東京の2会場での開催が決定した。彫紙アートの実物を鑑賞して、その繊細さや紙の色彩の美しさ、立体感などを堪能できる。

No image

「彫紙アート」作品を斜めから見た画像。紙が幾重にも重なっている

■期間
大阪:2016年10月18日(火)~10月23日(日)
東京:2016年10月27日(木)〜11月1日(火)

■開催場所
大阪:enoco 江之子島文化芸術創造センター 1F「ルーム4」
大阪府大阪市西区江之子島2-1-34

東京:PROJECT GALLERY(プロモアルテ内)
東京都渋谷区神宮前5-51-3 Galeria Bldg. 2F

■問い合わせ先:
一般社団法人 日本彫紙アート協会
url.http://school.choshi-art.com/

2016-11-01

▷こちらもおすすめ

佐藤オオキ氏のデザインオフィスnendoによる“紙”がテーマの展覧会「un-printed material」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
札幌中心に大雪 交通機関に大きな乱れ
悠仁さまを乗せて追突事故! 宮内庁運転手の気の毒な処遇
園を消毒へ 東山“動物園”きょうから休園
溺死の少年「帰ってこなければ迎えに来て」
山中の斜面に一人きり 2歳女児発見時の様子が...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加