ヤマダ電機のSIMフリースマホ「EveryPhone」 価格1万円台で「DSDS」や指紋認証

ヤマダ電機のSIMフリースマホ「EveryPhone」 価格1万円台で「DSDS」や指紋認証

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/11/13

ヤマダ電機は、SIMフリースマートフォン「EveryPhone BZ(ビジネス)」、「EveryPhone PR(プレミアム)」を、2017年11月10日に全国の同グループ各店および直販サイト「ヤマダウェブコム」で発売した。

No image

脱着式バッテリー「EveryPhone BZ」、デュアルカメラ「EveryPhone PR」

いずれもユーザーからの声を反映し、1万円台で「DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)」や指紋認証、5.5型の大画面(1280×720ドット)液晶ディスプレイを搭載したという。

オクタ(8)コアプロセッサーを搭載。OSは「Android 7.1.1」で、ショッピングやゲームなど、購入後すぐに使えるアプリをプレインストールする。microSIM×2スロットを備え、LTE/3Gの各バンドに対応。IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0をサポート。バッテリー容量は2500mAh。2年保証が付属する。カラーはブラック、ゴールドの2色。

「EveryPhone BZ」は、ビジネス用途で利用できるよう脱着式バッテリーを採用。メモリーは2GB、内蔵ストレージは32GB。800万画素メイン、200万画素サブカメラを搭載。

価格は1万6800円(税別)。

「EveryPhone PR」は、メインカメラに800万画素+200万画素のデュアルカメラレンズを搭載。サブカメラは200万画素。メモリーは3GB、内蔵ストレージは64GB。

価格は1万9800円(同)。<J-CASTトレンド>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Androidカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iPhone X vs カメラ自慢スマホ! インカメラはどのくらい盛れる?
Galaxy Note8は今年のベストデバイスといっても過言ではない:週刊モバイル通信 石野純也
ドコモが冬春モデルとして3D撮影機能を搭載した『Xperia XZ1』などを発売
KDDI、4.9インチの挟額縁ディスプレイ搭載の「AQUOS R compact」
この冬買い替えるならどれ?ドコモ、au、ソフトバンクの冬スマホを辛口ジャッジ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加