がん闘病の野球解説者、SMAP作品に励まされる

がん闘病の野球解説者、SMAP作品に励まされる

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/09/15
No image

今年2月に大腸がんと闘病中であることを明かした元日本ハム監督で、野球解説者の大島康徳氏(66)が15日、昨年いっぱいで解散したSMAPの「たいせつ」に励まされていることを明かした。

大島氏は今年2月7日、ブログで大腸がんであることを公表。昨年10月下旬にがんが判明し、肝臓への転移がありステージ4だという。現在、治療を受けながら、解説や野球教室の指導を続けている。

この日、「人に甘えることも“たいせつ”」のタイトルで更新。愛犬の写真などを載せながら、「何だかなぁ…生きていると色々あるね。病気になったからということだけではなく…生きていくって大変だなと思うことに時々ぶつかる」と、アラ還ならでの感想。人生はいいことと悪いことの繰り返しだと実感したそうで、「自己解決できることはそんな日もあるさ!と開き直る。それができないことについては人を頼る!甘えちゃう!それでいいんだと思う。人はスーパーマンじゃないから。人は一人ではないんだから。そう思うようになりました」としみじみ。「そんな話を奥さんとしていたら奥さんが、SMAPの歌を歌い始めました(笑)」と早朝の夫婦の風景を紹介した。

98年にリリースされた28枚目のシングル「たいせつ」(詞戸沢暢美、 曲小森田実)だったという。

大島氏は今年6月に亡くなったフリーアナウンサーの小林麻央さんに触発され、自身もブログを開始。麻央さんについては、これまでのブログで「闘病生活をおくりながらも、それだけではない普通の日常をありのままの心で言葉で、ブログを綴られた最初の方です。偉大なるパイオニアなのです」とつづっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小倉優香の“リアル峰不二子”ボディをたっぷり堪能 ビキニで悩殺
坂上忍、滝沢カレンも呆れ イケメン俳優の彼女が「ファン見下し発言」で炎上
B'z稲葉(52)、テレビでの「豹変」に驚き トーク中「老けた?」→歌「マイナス15歳...」
重盛さと美の美脚にくぎ付け!「スタイル良すぎ」「エロ可愛い」の声
佐藤健の集合写真いじめの憶測報道にネットから擁護の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加