生田斗真、主演舞台「偽義経冥界歌」開幕に喜び 稽古中のエピソード明かす

生田斗真、主演舞台「偽義経冥界歌」開幕に喜び 稽古中のエピソード明かす

  • モデルプレス
  • 更新日:2019/03/08

生田斗真/モデルプレス=3月8日】俳優の生田斗真が主演を務める舞台『偽義経冥界歌』(にせよしつねめいかいにうたう)が8日、大阪・フェスティバルホールにて開幕する。

No image

(写真 : 生田斗真(C)2019『偽義経冥界歌』)

【さらに写真を見る】生田斗真の“源義経の偽物”姿…藤原さくらの衣装も可愛い

◆生田斗真主演『偽義経冥界歌』

“春公演”の演目は『偽義経冥界歌』。2016年の『乱鶯』以来のいのうえ歌舞伎の新作で、劇団の座付き作家・中島かずき氏によるゼロベースからの完全新作は2014年の『蒼の乱』以来。また、演出のいのうえひでのり氏にとっては、この2年の経験と出会いからの刺激を財産とし、改めていのうえ歌舞伎に向き合うことで時代劇でできることの新たな可能性を探っていく。

今回のモチーフは“奥州三代”と“義経黄金伝説”。源義経は、歴史上の一大事に大きく関わっているというだけではなく、その後、数多なる物語に登場しており、実は偽物説、影武者説等、ドラマティックな謎を多く抱えているという魅力的な人物でもある。その義経が実際に奥州に匿われていたという史実をベースに、奥州三代の盛衰の行方も絡めつつ、中島脚本ならではのファンタジーも散りばめたストーリーが展開される。

今作は、主人公の偽義経を中心としながらもまるで群像劇のような、それぞれの人間ドラマをも堪能できる味わいの作品であり、新感線ならではの笑いたっぷり、殺陣、アクション満載の王道エンターテインメントとなっている。

◆源九郎義経役:生田斗真コメント

生田は「前作『Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~』(2016年)は大阪フェスティバルホールにて大千秋楽を迎えました。あれから3年近く時が経ち、また同じ場所からスタート出来る事に喜びを感じています。かなり大きな会場ですが、最前列から、2階席、3階席の1番後ろのお客様まで、誰一人置いていかない、お芝居にしたいと思っています」と喜び。

稽古中については「橋本さとし先輩の天然ぶりに終始翻弄された稽古場でした。久しぶりに本公演に参加する、さとしさんと、それを心から喜んでいる劇団員の皆さん。素晴らしい連帯感と幸せに満ちた稽古場でした」と振り返り、「『偽義経冥界歌』は久しぶりの劇団☆新感線の新作!とにかく役者が駆け回る!闘う!歌う!少年漫画のようでありながら、誰もが楽しめるスペクタクル作品です。難しい事は考えず、僕らが創り上げる劇空間にお付き合い下さい」と自信をのぞかせていた。(modelpress編集部)

■あらすじ

日の本の国が、源氏と平氏の勢力で二分されていた時代。源頼朝(粟根まこと)が鎌倉を拠点に力を蓄えていた一方で、国の北方、“みちのく”と呼ばれる奥州はどちらにも属さず独立自治を貫いていた。奥州をまとめていたのは奥華一族。その都である奥泉は“黄金の都”と噂されており、また奥華の民は死者を木乃伊(ミイラ)にする風習があるため奥泉のはずれにある洞窟には先祖代々の木乃伊が眠っている。

その地元のものが聖なる場所として崇める洞窟で、ある若侍が暴挙を行った。彼の名は遮那王牛若(早乙女友貴)、頼朝の義理の弟で平氏の追っ手から逃れるために奥華によりかくまわれていたのだ。お目付け役の僧

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
嘘やろ:今日の「スッキリ」に出ていたバンド『打首獄門同好会』が衝撃的すぎて会社に遅刻しかけた話
堀ちえみ、JALからのお見舞いに「鳥肌が立ち涙が溢れて来ました」
「見えたー!」池田エライザ“ミニスカ脚組み”写真が激し過ぎ
松井珠理奈『デカい態度』に呆れ声が続出!“大御所”にも席を譲らず
実は昔ギャルだった衝撃の女性有名人とは!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加