英代表、サウスゲート暫定監督が正指揮官に昇格へ。契約期間は2020年まで

英代表、サウスゲート暫定監督が正指揮官に昇格へ。契約期間は2020年まで

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2016/12/01
No image

イングランド代表監督に就任したガレス・サウスゲート氏【写真:Getty Images】

イングランドサッカー協会(FA)は30日、46歳のガレス・サウスゲート暫定監督が正式に代表監督へ昇格し、4年間の契約を結んだと発表した。

U-21イングランド代表を率いていたサウスゲート氏は、不祥事により67日間で退任を強いられた前任のサム・アラダイス氏の代行として、今年9月26日よりイングランド代表暫定監督に就任。これまで4試合で指揮を執り、2勝2分の成績をおさめたサウスゲート氏はFAと正式に4年契約を結び、2020年に開催予定のEURO終了後までチームを率いることとなっている。

サウスゲート氏は、「イングランド代表監督に任命されたことを心から誇りに思う」と喜びを伝えると、「成功を収めればならないことも認識している」と今後に向けた意気込みを語った。

FAは、現地時間2017年3月22日にドルトムントで行われることが予定されているドイツ代表との親善試合が、イングランド代表監督としてのサウスゲート氏の初陣になると発表している。また、イングランド代表は、現地時間2017年3月26日に予定されているロシアワールドカップ(W杯)欧州予選でリトアニア代表との対戦に挑む。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
墜落事故 ホームで追悼式典
夢は弁護士や医者...一転してサッカー選手に。ムヒタリアンの運命変えた出来事とは?
FIFA男子最優秀監督賞の最終候補が発表 ラニエリ、ジダン、サントスの3名
ユニとスタンドにシャペコエンセのエンブレム...仏1部サンテティエンヌが追悼の意
F1総合王者ロズベルクがフェースブックで引退表明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加