楽天、西武にも菊池にも10連敗、力投の岸救えず

楽天、西武にも菊池にも10連敗、力投の岸救えず

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/15
No image

楽天先発の岸(撮影・狩俣裕三)

<楽天1-2西武>◇14日◇Koboパーク宮城

今季初の中5日で力投した岸に応えられなかった。楽天が“天敵”西武菊池をまたも攻略できず、2位争いで3・5ゲーム差をつけられた。援護は敵失が絡んだ初回の1点のみ。梨田監督は「中5日で120球以上投げたんだから立派。岸の時は本当に点が入らない。申し訳ない試合が多すぎる」とうなだれた。

岸にとって菊池は、古巣で7年間ともにプレーした後輩。移籍後初の投げ合いに当然「意識はしてました」。立ち上がりの3球で3連打され、先制点を与えたが、以降は8回まで2失点でこらえた。成績を見れば十分な数字だが「相手が(菊池)雄星と考えれば…」。打てないなら抑えるしかない。1点が重くのしかかった。先発試合は4戦連続で自責点2以内に抑えながら、自身6連敗。8勝9敗とついに負け越した。

これでチームは3連敗。西武戦は8月から1分けを挟んで10連敗となり、菊池との対戦も年をまたいで10連敗になった。梨田監督は「三振も多いし、なかなかとらえきれない。連敗は痛い。昨日勝っておけばまた変わっただろうに…」と歯切れが悪い。ちょうど1カ月前の8月14日には首位だった楽天が、2位争いからも後退した。【鎌田良美】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神・横田慎太郎「22歳で脳腫瘍と宣告されて」
阪神今岡コーチ退団が確実 ロッテ2軍監督要請へ
ロッテ涌井、緊急降板を謝罪「井口さんの引退試合」
春日部共栄vs狭山ヶ丘
高校野球ドットコム
長嶋一茂、プロ志望・清宮に辛口評価「あの守備は無理」「最初は2軍から」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加