戸沢陽がダイビングセントーンで快勝、勢い取り戻す

戸沢陽がダイビングセントーンで快勝、勢い取り戻す

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/06/13
No image

スティーブ・アービー(手前)の胸板を蹴りこむ戸沢陽 (C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:205Live大会>◇12日(日本時間13日)◇米テネシー州メンフィス・フェデックスフォーラム

元WWEクルーザー級王者戸沢陽(32)がシングル戦で快勝した。スティーブ・アービーと対戦。格下相手にだまし討ちパンチ一発でペースをつかむと、観客を盛り上げるおなじみのかけ声「アー、アー、アー」の絶叫で気合を入れ直した。さらにコーナートップによじ登ると、ミサイルドロップキックやスピード感十分のスピンキックも成功させた。最後はコーナートップから豪快なダイビングセントーンでアービーの腹部に全体重をかけてとどめを刺し、フォール勝ちした。

日本人タッグとしてを5Liveでも注目された組んでいたヒデオ・イタミとの仲たがいによるコンビ解消、そしてイタミとのシングル戦敗退と勢いが止まっていたように見えていた戸沢が、再び勢いを取り戻してきた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
クリス・ベンワー ナイスガイの“反則死”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第97話>
至学館大が栄和人監督を解任 谷岡郁子学長、態度に不満「まったく反省できていない」
SSマシンが最後のラリアット、内藤哲也は感慨なし
SSS、最後の最後に明かした引退理由は妻の逝去
怒りのロンダ大暴走で出場停止!ストローマンはレスナーのユニバーサル王座獲りへ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加