また木造船 佐渡沖の定置網、男鹿市の海岸に漂着

また木造船 佐渡沖の定置網、男鹿市の海岸に漂着

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/12/07
No image

動画を見る(元記事へ)

新潟県佐渡市の沖合で、定置網に木造船が引っ掛かっているのが見つかりました。船の内側にはハングル文字が書かれていました。

佐渡海上保安署によりますと、7日午前6時40分ごろ、地元の漁業関係者から両津湾から約7キロの沖合の定置網に木造船が引っ掛かったと通報がありました。木造船は港に運び込まれ、この後、警察などが調査にあたります。海上保安署によりますと、船の内側にハングル文字が書かれているのが確認されたということです。
また、午前7時前、秋田県男鹿市の海岸でも転覆した木造船が流れ着いているのが見つかりました。船の国籍は分かっていません。この船が見つかった場所から約10キロ離れた海岸では、国籍や性別が分からない2人の遺体が見つかっています。警察が身元を調べるとともに漂着した木造船との関係も調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
神戸製鋼グループのコベルコ教習所で“手抜き講習” 受講者2万3千人が補講や追試へ
警察に捕まる人が続出?韓国人が日本の道路で困惑するもの=韓国ネット「地獄のよう」「見た瞬間、怒りが...」
NHK受信料判決:もう「LIFEみたいなお笑い番組やめろ」なんて言いません
左折車線から悪質な割り込みをする身勝手な車。しかし警察は見ていた!
【日本オワタ】冬将軍だけでなく「ラニーニャ」までもが6年ぶりに襲来! 日本、ついに戦場と化す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加