GeForce GTX 1650発表、2万円台前半が主力のTuring世代

GeForce GTX 1650発表、2万円台前半が主力のTuring世代

  • ASCII.jp
  • 更新日:2019/04/24
No image

2019年4月23日(日本時間)、NVIDIAは「Turing GTX」ベースの新GPU「GeForce GTX 1650」及びGTX 1650/1660/1660 Tiを搭載したノートPCの情報を発表した。

Turing GTXとは、2019年より順次投入が始まった「GTX 1660 Ti」や「GTX 1660」、つまり「GTX 16シリーズ」のことを指す。DXRのハードウェアアクセラレーションやDLSSに対応しないかわりに、コストを下げた製品群のこと。ここ数年のNVIDIAの命名法則と照らし合わせると、型番末尾50番台の製品はミドルレンジの中でもエントリークラスを意味するので、GTX 1650もこれにならった立ち位置の製品となる。つまり、価格勝負の製品だ。

そのGTX 1650の価格だが、北米では149ドル以上で販売される。また、日本国内では税込み2万~2万4000円がボリュームゾーンになる見込みだ(筆者予想)。

今回のGTX 1650もFounders Editionは存在せず、AICパートナーからの製品のみが流通する。今回運良くASUS製のハイエンドモデル「ROG-STRIX-GTX1650-O4G-GAMING」を入手できたので、その概要をお届けしたい。

No image

今回入手した「ROG-STRIX-GTX1650-O4G-GAMING」。原稿執筆時点では価格や発売時期は未定とのことだが、補助電源があるOCモデルであることからGTX 1650搭載製品の中でも上位にあたる存在であることは確かだ。

No image

GTX 1650の公式スペックはこの後解説するが、今回入手したカードのスペックはこちら。ただし、公式リリース前の資料なので若干変更が加わるかもしれない点はご了承いただきたい。

No image

ASUSはGTX 1650搭載カードを3モデル投入予定。レビュー機材として提供された最上位モデルのみ、原稿執筆時点では発売日不明となっている。残り2製品については後述する。

No image

実は今回NVIDIAが一番力を入れているのはGTX 16シリーズ搭載のノートPCだ。Maxwell世代のGeForce搭載ノートPCではそろそろ厳しくなってきたゲーマーのアップグレード先にするのが狙い。

GTX 1650はエントリー向けコア「TU117」で登場

ではGTX 1650の公式スペックを確認してみよう。いつもならレビュアーズガイドなどで数値を確認するのだが、今回GTX 1650には資料らしい資料が用意されていない。その理由は後述するとして、まずは技術的な話をしよう。

No image

GTX 1650と近いセグメントのスペック一覧。

GTX 1060とGTX 1050でメモリーバス幅が違うためコアがGP106とGP107に分けられていたように、GTX 1650はGTX 1660とは違う専用のコア「TU117」が投入されている。CUDAコア数は1世代前のGTX 1050 Tiを上回るがGTX 1060 3GBを超えない896基、VRAMはGTX 1050 Tiと同じ4GB。さらにクロックはブースト時1655MHzと高いため、この時点でGTX 1650はGTX 1050 Tiを超える存在であることが見て取れる。

しかし、これだけのスペックアップを果たしてなお、TDPは75Wに収まっている点は驚異的だ。つまり、GTX 1050や1050 Tiと同様にPCI Expressスロットからの給電だけで動作するGPUに仕上がっているのだ。Radeon系の補助電源なしモデルはRX 560で、GTX 1050 Tiよりもやや下の性能となる。今回のGTX 1650は補助電源を使えない、あるいは使いたくない派には嬉しいアップデートと言えるだろう。

ただし、今回入手したカードのように強めのファクトリーOCモデルでは補助電源端子が搭載される製品もある。このあたりの都合は従来とまったく同じだ。

また、TuringベースのGPUなので浮動小数点演算と整数演算を同時実行できたり、内部のキャッシュや共有メモリーまわりの改善でパフォーマンスがアップしている……という点はGTX 1660 Tiなどと共通している。よりモダンなシェーダーを備えたゲームでより威力を発揮する……的な話になるが、そこはGTX 1660 Tiのレビュー記事をご参照いただきたい。

No image

デスクトップPC用のGTX 1650の資料がほとんどなかったので、ノートPC向けGTX 1650の資料から抜粋。「Apex Legends」や「Fortnite」のようなゲームを60fpsで遊びたい人にターゲットを絞った製品だ。

しかし残念なことに、NVENCの仕様はGTX 1660/1660 Tiと若干異なっており、H.265でのBフレームが非サポートになっているほか、NVENCそのものの仕様もVolta世代と同等になっている。これがOBSなどでのパフォーマンスにどう影響するかは今後の検証を待ちたい。

せっかくなので今回入手したGTX 1650搭載カード「ROG-STRIX-GTX1650−O4G-GAMING」を写真で少し眺めておこう。

No image

ROG STRIXブランドの製品だけあって、背面は鉄板でガッチリと補強されている。

No image

ブーストクロック1800MHz超という強めのOC設定で出荷されるため、6ピンの補助電源が実装されている。

No image

映像出力系はHDMIとDisplayPortが2系統ずつだが、おそらくボリュームゾーンの製品はHDMI+DisplayPort+DVIというシンプルな構成が主力になるだろう。

ちなみに、ASUSから本日正式にリリースされる製品は下記の2モデルとなる。併せて紹介しておこう。

No image

エントリーモデルの「PH-GTX1650-O4G」。予想実売価格は2万2000円前後。4月23日発売予定。ブーストクロックは1680MHz(OCモード時は1710MHz)。映像出力はHDMI、DisplayPort、DVIで補助電源はなし。2スロット厚。

No image

デュアルファン仕様の「DUAL-GTX1650-O4G」。予想実売価格は2万5000円前後。4月23日発売予定。ブーストクロックは1725MHz(OCモード時は1755MHz)。映像出力はHDMI、DisplayPort、DVIで補助電源はなし。2スロット厚。

で、肝心の性能は……?

いつもの流れならここからベンチマーク編となるはずだが、今回はそれができない。NVIDIAからGTX 1650のレビュー用ドライバーはなく、情報解禁明けと同時に公開される(であろう)公式ドライバーでテストせよ、公式ドライバー以外のテストはNGという要請があったためだ。

レビュー用β版ドライバーを出さない理由は明らかにされていないが、GTX 1650はノートPCがメインターゲットだからかもしれないし、DXRをPascal(GTX 1060 6GB以上)で開放するドライバー開発にリソースを取られ手が回らなかったのかもしれない。

ただ今回の発表に関連するプレス向けブリーフィングから感じられたのは、NVIDIAは特にデスクトップPC向けのGTX 1650を“強力に”推していこうとは考えていないようだ。考えてみればGTX 1060の流通在庫はあるし、いまだにGTX 1060搭載カードの新製品が出ていたりする(コア設計が上位に近いGDDR5X版だったりするが)。GTX 1650を強く推せば、いたずらに滞留在庫を増やすだけと判断したのかもしれない。

いかなる理由があるにせよ、ドライバーが手に入らない以上ベンチマークは後日になる。乞うご期待。

■関連サイト

NVIDIA

ASUS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
セブン‐イレブン、7Payと同時にPayPay、メルペイ、LINE Payにも対応
ホームセキュリティーから貴重品管理まで!小型モーションセンサーデバイス「tracMo」で手軽な防犯対策を
PayPay、6月3日からYahoo!ショッピングやヤフオク!で利用可能に
Huawei、Androidの利用停止に対するコメントを発表
重いパソコンをキビキビにする基本チューニング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加