鳥栖・トーレスが救った決勝弾 ベスト16進出を置き土産に

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/08/16

◇天皇杯3回戦 鳥栖1―0柏(2019年8月14日 三協F柏)

神の子がチームを救った。元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは延長戦開始と同時にピッチに立ち、6分後に決勝弾。相手からボールを奪ってGKと1対1になり、「位置をしっかりと見て、下を狙った」と右足でゴール左に突き刺した。

トーレスの得点は6月30日の清水とのリーグ戦以来、1カ月半ぶり。今月23日の神戸戦で現役引退。天皇杯ラストゲームでベスト16進出が置き土産となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高徳の加入後2連勝!!神戸が6発大勝で15位→12位浮上(6枚)
17位松本が埼スタで浦和に逆転勝利! 残留に望みつなぐ11戦ぶり白星(12枚)
松本FW阪野、「一番思い入れのある」浦和からJ1初ゴール!(4枚)
トーレス現役ラストマッチに2万3055人が来場!(8枚)
【鈴鹿10時間】鮮やかなゴール! サイリウムで輝くグランドスタンド
  • このエントリーをはてなブックマークに追加