【阪神JF】コーディエ“開花善戦”04年パントルの衝撃再び

【阪神JF】コーディエ“開花善戦”04年パントルの衝撃再び

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/12/06

今週は2歳牝馬の熱き戦い「第69回阪神JF」。過去のレースパターンから穴馬をあぶり出す「激走馬ロックオン」はコーディエライトが浮上。今年は無敗の重賞ウイナーに人気が集中しそうだが、牡馬相手の新潟2歳Sで小差2着と好走。同じく新潟2歳S2着→前走敗戦から2歳女王へと上り詰めた04年のヒロイン・ショウナンパントルの再現なるか注目だ。

No image

坂路で調整するコーディエライト

【情勢】今年の阪神JFはベルーガ、ラッキーライラック、ロックディスタウンの無敗重賞ウイナーが人気の中心。この3頭に加え桜花賞馬アユサンの全妹マウレア、リリーノーブルも2戦2勝。抽選対象ではあるが新馬戦を圧巻のパフォーマンスで制した名牝ブエナビスタの2番子ソシアルクラブと華やかな顔触れ。伏兵級の馬まで、もれなく注意を払う必要がありそう。

【酷似】状況が似ているのが04年。単勝1・5倍の断然1番人気はファンタジーSを制した2戦2勝のラインクラフト。2番人気は新馬V→デイリー杯2歳Sで牡馬相手に2着と健闘したライラプスが同8・5倍、3番人気は無敗で函館2歳Sを制したアンブロワーズが同11・9倍と続いた。他にも後に府中牝馬Sを連覇するデアリングハート、アイビスSDを制したテイエムチュラサンなどが参戦した。

レースを制したのはショウナンパントル。新馬戦を制した後は牡馬相手の重賞へ。新潟2歳Sで2着と善戦すると、続くデイリー杯2歳Sは道中の不利もあって0秒2差5着。阪神JFでは2戦連続の敗戦が嫌われて評価を8番人気まで落としていたが、新馬戦からコンビを組んでいた吉田豊の果敢なイン突きが奏功して頂点へ。無敗とはいえ牝馬限定戦を使われてきたクラフトとは、牡馬相手にモマれてきた経験値の差も出た形。

【浮上】これに当てはまる今年の激走馬はコーディエライト。逃げた新潟2歳Sは直線でしぶとく粘って3/4馬身差2着。続くファンタジーSも逃げて半馬身差2着。重賞で2戦連敗となったが、いずれも小差。さらに2走前は牡馬相手、前走は休み明け。新潟2歳Sは他場で先約があった和田から津村に乗り代わったが、今回も引き続き和田が騎乗するのはプラス材料。キャリアの浅い2歳牝馬同士は何が起きても不思議ではない。牡馬相手に善戦した素質馬が、ここで人気を落とすようなら、おいしい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
“自身最大露出”でタレント人生第二章 山崎真実、初濡れ場を披露
小田急・新宿駅のトイレも「神対応」すぎる!と賞賛の声が続々...
桐谷美玲“激ヤセ隠し”登壇で取材陣が心配する「重大病の可能性」
2017年一番売れたカラダ 小倉優香の黄金ボディを堪能
精子に抗がん剤をがん腫瘍まで運ばせることに成功
  • このエントリーをはてなブックマークに追加