アメリカ、まさかのW杯予選敗退。「言い訳はしない」と監督が失態認めるも、変革の必要性は感じず

アメリカ、まさかのW杯予選敗退。「言い訳はしない」と監督が失態認めるも、変革の必要性は感じず

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/10/11
No image

W杯出場を逃したアメリカ代表のクリスティアン・プリシッチ【写真:Getty Images】

ロシア・ワールドカップ(W杯)出場を逃したアメリカ代表のブルース・アリーナ監督が、自分たちの失態を嘆いた。『ESPN』などが指揮官のコメントを伝えている。

現地時間10日、アメリカはW杯北中米カリブ海最終予選でトリニダード・トバゴと対戦し、1-2で敗れた。アメリカはW杯出場圏内の3位で最終戦を迎えていたが、敗退が決まっていた相手に不覚。連続出場は7で途切れた。

まさかの結果にアリーナ監督は、「言い訳はしない。我々は今日、失敗した」とコメント。自分たちの失態を認めた。

しかし、アメリカサッカーがこの敗戦にどう反応すべきかと問われると、「我々がやっていることに問題はない。リーグの成長は、代表の進歩につながる。若い選手も出てくる。何も変わる必要はない。クレイジーな変化は愚かなことだ」と指揮官はコメント。『ESPN』は、アメリカのファンの怒りを買う返答だったとしている。

メジャーリーグサッカー(MLS)の成長につれて、欧州トップリーグに挑戦する選手が減ったことも指摘されているアメリカ代表。今進んでいる道は正しいのだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
セクシー女優 ペップの“虜”
浦和主将・阿部が再会写真を公開 「アベ、ガンバレ!」と激励の“レジェンド”とは?
日本と対戦するブラジルが代表メンバー発表。ネイマールやコウチーニョを招集
ELで相手に“衝撃のスルーパス” 珍プレーに反響「イカしてる」「残念ながら相手間違えた」
ミス美尻 ヌードでメッシ激励
  • このエントリーをはてなブックマークに追加