南スーダン 武力衝突で60人死亡

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/18

日本の自衛隊がPKO(=国連平和維持活動)を行うアフリカの南スーダンで、先週末に60人が死亡する武力衝突が発生していたことが16日、明らかになった。

ロイター通信などによると、南スーダンの政府軍は14日、北部のマラカル近郊で反政府勢力の襲撃を受けたという。政府軍はこれに応戦し、反政府勢力の戦闘員56人が死亡、政府軍兵士も4人が死亡する被害がでたとしている。

政府軍の報道官は16日、「この地域は反政府勢力に掌握されてはいない」と主張しているが、反政府勢力側はこれに先だってマラカル近郊の複数の街を制圧したと主張していた。

マラカルは自衛隊がPKO活動を行う首都ジュバからはおよそ500キロ離れている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
南米で「浮遊する不思議な島」が発見される! 完璧な円形を描く島は人工的に切り取られた可能性も!?
ミニ氷河期の到来か?太陽の黒点がほとんどなくなり活動レベルが2011年以来最低に(NASA研究)
頭蓋骨を切断し遺体の肉をそぎ落として食す。古代ブラジルで執り行われていた死の儀式(ドイツ・ブラジル研究)
車内に草木が生い茂る...杭州の地下鉄に「都会の森林」が出現!―中国
岸田外相、ロシア大統領と会談=来日前に詰めの調整-領土問題
  • このエントリーをはてなブックマークに追加