ロヒンギャ問題に25億円余りを支援 河野外務大臣

ロヒンギャ問題に25億円余りを支援 河野外務大臣

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/01/13
No image

動画を見る(元記事へ)

ミャンマーを訪れている河野太郎外務大臣は、アウン・サン・スー・チー国家顧問と会談し、迫害を受けているイスラム教徒「ロヒンギャ」のために25億円余りを支援すると表明しました。

河野太郎外務大臣:「(ロヒンギャ)避難民の帰還は分断を作り出すのではなく、融和を進めながら細心の注意を払って進めていく必要がある」
河野大臣は、スー・チー国家顧問に、迫害を受け難民化しているロヒンギャの人権問題などについて懸念を伝えました。そして、ロヒンギャの状況を改善して地元への帰還を促すため、日本が合わせて25億円余りを支援する方針を表明しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
頭は凍り付き、手はあかぎれだらけ。極寒の中往復9キロの道のりを薄着で通学する中国の小学生
1時間2万8,000円の特別サービス! 上海の日航ホテルが“売春宿”に!?
巨大クジラ 人間をサメから守る 南太平洋の奇跡(動画)
新型ドイツ軍艦は不合格、背景に何が
ウォール・ストリート・ジャーナル
トルコ軍、シリアのクルド民兵支配地域で空爆と地上作戦開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加