日経平均テクニカル:目先は26週線を試す可能性

日経平均テクニカル:目先は26週線を試す可能性

  • FISCO
  • 更新日:2017/08/10
No image

株式会社フィスコ

小幅に3日続落。前日の大幅な下げに対する自律反発の動きがみられたが、結局は前日
終値を挟んでのこう着となり、小幅に3日続落となった。ボリンジャーバンドはバンドが拡大傾向にあるが、それでも-3σまで下がっている状態であり、売られ過ぎが意識されるところである。また、一目均衡表では雲の中での推移であり、強弱感が対立しやすいところであるが、雲下限が切り上がりをみせているため、これが支持線として機能するかを見極める必要がある。遅行スパンは下方シグナルを発生させていることもあり、足元のもち合いレンジを下回っていることからみれば、調整が長期化する可能性がある。その他、週間形状では13週線を割り込んでいるため、目先は26週線を支持線として試す可能性がありそうだ。

<CS>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
マツダ、ガソリンの圧縮着火を世界で初めて実用化した次世代エンジン「SKYACTIV-X」を発表!
死ぬまで働く以外に道はないのか? 最底辺に墜ちた日本人の老後
KEN OKUYAMA、「Kode ゼロ」発表...700馬力のスーパーカーは1台限り
トヨタはここまでやる 「働き方改革」で加速
【爆速】最高時速350km超の電動モンスターバイク「LS−218」がこちらです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加