杏、榮倉奈々、壇蜜...変わった“資格”を持つアノ芸能人

杏、榮倉奈々、壇蜜...変わった“資格”を持つアノ芸能人

  • AERA dot.
  • 更新日:2018/01/12
No image

意外な資格を持つ杏 (c)朝日新聞社

タレントの高田純次(70)が気の向くままに海外をレポートする人気紀行バラエティー番組「高田純次のセカイぷらぷら」(BS12 トゥエルビ)がDVD化され、3月に2巻同時発売されることが決定した。同番組について高田は昨年末に行われた会見で「DVD化は当然! おじいちゃん、おばあちゃんから小学生、赤ん坊まで、根性いい人から悪い人までいろいろな人に見てほしい」とアピールした。

【写真】榮倉奈々が持つ意外な資格とは?

「テキトー発言」で人気を博す高田だが、意外な一面もある。なんと「宝石鑑定士」という資格を持っているのだ。

「もともと、俳優を志していた高田さんは劇団で研究生をしたり、自身で劇団を立ち上げましたが、なかなか軌道に乗れませんでした。20代の頃、結婚をしたものの、劇団の収入では生活ができないため、宝石販売会社に入社したんです。デザイナーとして働き、そこで鑑定士の資格を取得したそう。その後も妻子を養うために『警察に捕まるようなこと以外の職は、一通りやった』と話していました」(女性誌の編集者)

高田は副業として働く仕事で資格を取得したパターンだが、芸能界には他にも一風変わった意外な資格を持つ女優やタレントが多い。

「2017年、批判を受けた宮城県のPR動画で思わぬ注目を浴びた壇蜜さん(37)は『遺体衛生保全士』という資格を持っています。遺体に消毒や防腐処理、メイクなどを施して、生前に近い姿に戻し、腐敗や感染を防ぐ仕事で欧米ではエンバーマーとも呼ばれています。冠婚葬祭を学ぶ専門学校へ通っていたときに取得したと話していました。葬儀場で働いていた経験もあり、『壇蜜』という芸名も仏教を基に自ら考えたそうです。ミステリアスな雰囲気にさらに輪がかかりますよね」(同)

そのスタイリッシュな外見からは想像できない“資格”を持つのは、人気女優でありママの顔も持つ榮倉奈々(29)と杏(31)のふたりだ。

「2017年にママになるも、変わらぬスタイルをキープし話題となった榮倉さんは、三味線の『藤本流準師範』と『民謡名取』を持っていることで有名です。以前、バラエティー番組でその腕前を披露したことがあり、共演者を驚かせていました。三味線を再開して師範の免許を取りたいと思っていた時期もあったようです。また今や3児のママとなった杏さんは、『狩猟免許』というワイルドな資格を持っている。『鹿肉が好きだから自分で獲ってみたかった』とおどけて話していましたが、増えすぎて駆除された鹿が産業廃棄物になってしまう事実を知って、人が食べる機会を増やしたり、ドッグフードにするなど命を循環させたいという意識が強いようです。問題意識に取り組む姿勢はさすが杏さんだなと思いましたね」(テレビ情報誌の編集者)

佐々木希(29)と2017年に結婚し、公私ともに絶好調のアンジャッシュの渡部健(45)も実に“ロマンチックな資格”を持っている。

「食通として知られる渡部さんは『夜景鑑定士』の資格も持っているんです。彼が取得したのは3級で、日本夜景遺産に認定された場所の知識や、世界や日本の夜景文化の成り立ちの歴史を覚える必要があるようです。以前ラジオ番組で夜景の心理効果についても語っていました。暗い所から明るい所を見ると、不安からそばにいる人を頼りたくなったり、心の奥底で思っていることを吐き出したくなったりする『暗闇効果』により、女性は男性についつい本音を打ち明けてしまうそうです。佐々木さんもそんな彼の恋愛テクにおとされたのかななんて勘ぐってしまいますね(笑)」(同)

見てきたような資格や免許は、決して一夜漬けで取得できるものではない。そうした勉強熱心さが、浮き沈みが激しい芸能界において、現在の活躍に繋がっているのかもしれない。(ライター・天野まひる)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【共感】「男子校の男子ってだいたいこんな感じ」ってイラストがTwitterで話題 / 全体の6割は単なる「〇〇」らしい
【衝撃】2万年前の変圧器がコソボで出土! 内部のコイルまではっきり、電力を活用していた超古代文明の最新オーパーツ!
嘘みたいだ!顔面酷すぎ少女「整形手術」でとんでもない「美人」に変身!タイで話題に
エナジードリンク「副作用」がハンパ無いことが判明!若者の半数は感じている
消えてしまったけど好きだった飲料ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加