ハウステンボス、日本最大のVR/AR常設テーマパーク本格展開へ

ハウステンボス、日本最大のVR/AR常設テーマパーク本格展開へ

  • 週刊アスキー
  • 更新日:2016/11/30
No image

左がVRホラーハウス、右がサモナーバトルだ

ハウステンボスは、第7の王国「夢と冒険の王国」の開幕に向けて、VRやARコンテンツを常設する日本最大のテーマパークとして本格展開すると発表した。コアコンテンツとしてVR・ARを位置づけ、来春より約30種類のコンテンツを体験できる環境を整備するとのことだ。

ハウステンボスは、2014年にVRコンテンツの常設アトラクションを開設して以降、乗馬VRアトラクションの「ハシラス」を展開。2015年にはAR技術を活用した、腕から火を放つ対戦型ARアトラクション「サモナーバトル」を導入している。そしてVR元年となる今年2016年には、VRとお化け屋敷を融合させた「VRホラーハウス」を展開した。

2017年においても既存施設の改修をして、VR・ARを活用した新感覚の恋愛アトラクションや壮大なSFアトラクションなど、世界中のAR・VR技術を一堂に集める施設などを開設するとのこと。

また、2016年1月に取得した大村湾の無人島長島(西海市)を活用した「夢と冒険の王国」のプロジェクトを進めており、ここでもARやVRを活用したアトラクションを導入する構想を進めている。

2017年の新規事業に関しては、詳細が決まり次第公開するとのことで、今後どのようなVR・ARアトラクションが出てくるのか注目したいところだ。

■関連サイト

ハウステンボスリゾート

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
米国の新たな法律により、コードのクルマが2017年に復活
「自動ブレーキ」最下位の車は... 国交省が11車種をテスト
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
ドローン操れぬ自衛隊の時代遅れ度 「駆けつけ警護」に死角あり
「極ZERO」酒税騒動を振り返る 発泡酒? 第3のビール?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加