“ラーメン師範”盛田剛平、浦和レッズハートフルクラブのコーチに就任

“ラーメン師範”盛田剛平、浦和レッズハートフルクラブのコーチに就任

  • サッカーキング
  • 更新日:2018/02/14
No image

浦和レッズハートフルクラブ加入が発表された盛田 [写真]=Getty Images

浦和レッズは13日、盛田剛平が浦和レッズハートフルクラブのコーチに就任したことを発表した。浦和レッズハートフルクラブは、「こころ」を育むことをテーマに掲げ、ホームタウンの埼玉県を始めとして日本各地やアジアの国々でもサッカースクールを展開している。盛田は今年度、埼玉スタジアム・レッズランド・浦和駒場金曜スクールに参加することも合わせて発表された。

盛田は駒澤大学卒業後、浦和に加入。1999年から2001年まで活躍した。その後、セレッソ大阪、川崎フロンターレ、大宮アルディージャ、 サンフレッチェ広島、ヴァンフォーレ甲府、ザスパクサツ群馬でプレー。昨年11月に群馬から契約満了による退団が発表されていた。ここまでJ1通算231試合13得点、J2通算144試合16得点を記録している。

また盛田はJリーグ屈指のラーメン好きとしても知られており、群馬在籍時には地元のラーメン店とコラボを実施。群馬入団時には「まずは美味しいラーメン屋さんを是非みなさん教えてください」、退団時には「おおぎやラーメンコラボ第2弾ができないのが、ほんと悔やまれるところではあります」とラーメンに絡めたコメントを度々発表し、ピッチ外でも大きな話題を呼んでいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
風間監督が明かす「名古屋グランパス・わずか1年でJ1復帰の秘密」
宇佐美の技あり1ゴール1アシストも虚しく...チームは序盤の3点リードから大逆転負け
19歳鳥栖田川、94年城彰二以来の10代第1号
引退の平山相太が仙台大に合格 コーチ就任も期待
名古屋、攻撃力に手応え=助っ人陣で3得点-Jリーグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加