清宮、憧れダルの前で人生初代走 初対面で「凄くオーラあった」

清宮、憧れダルの前で人生初代走 初対面で「凄くオーラあった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/15

日本ハムのドラフト1位・清宮(早実)が、13日(日本時間14日)の韓国・LGとの練習試合で人生初の代走を経験した。7回無死一塁で出場。1死後、打者・中島の2―1からの4球目にランエンドヒットのサインが出て、スタートを切った。左前へ抜けた打球を見て「行けたかなと思ったけど、ちゅうちょした」と二塁で止まるも、栗山監督は「経験させたかった。(ランエンドヒットなどへの対応も)大丈夫だね」と合格点を与えた。

No image

ダルビッシュ(右)、建山(左)の前で練習する清宮

試合前には球団OBのダルビッシュと初対面。自己紹介のみに終わったが「凄くオーラがあったし体も大きかった。こういう存在になりたいと思った」と目を輝かせていた。 (スコッツデール・東尾 洋樹)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小平の金に地元も歓喜 「タイムもメダルも最高」
台湾で2年連続4割超の王柏融に日本球界経験者も太鼓判「彼は成功すると思う」
小平 銀の李相花に「リスペクトしているよ」“特別の友達”称え合う
広島・高橋昂、中日相手に3回無失点 初回ピンチも「自分の投球できた」
阪神島田バット◎も2盗塁死...失敗を糧に/新顔通信
  • このエントリーをはてなブックマークに追加