松本人志 天然連発で番組ネタバレを連発したジミー大西に「しんどい」と苦笑

松本人志 天然連発で番組ネタバレを連発したジミー大西に「しんどい」と苦笑

  • リアルライブ
  • 更新日:2016/12/01
No image

11月30日、動画配信サービス「Amazonプライム・ビデオ」でオリジナル番組『ドキュメンタル』が配信をスタートし、同日、都内で行われた完成披露イベントにお笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が出席した。

同番組はお笑いタレント10人から参加費100万円ずつを集め、密室でお笑いバトルを繰り広げ、最後まで笑わず勝ち残った人が賞金1000万円を獲得するというもの。チェアマン的な役割で参加した松本は同番組の狙いについて「大喜利だったり漫才、一人喋りだったり、(番組は)そこと被ってないところで“密室芸”というか、今までなかった、ある意味、密室芸のM-1です」と語った。

今回参戦したのは、宮川大輔、藤本敏史(FUJIWARA)、くっきー(野性爆弾)、ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)、久保田和靖(とろサーモン)、斎藤司(トレンディエンジェル)、アントニー(マテンロウ)、川原克己(天竺鼠)、ジミー大西、大地洋輔(ダイノジ)の10人。マルチカメラが監視する密室の中で、笑ってしまった疑いのある芸人を発見すると、松本がサイレンを鳴らして制限時間カウントを一時ストップ。審議し、笑った芸人にレッドカードで即退場を言い渡すというルールになっている。

イベントに登壇したジミー大西は感想を語るなか、うっかりネタバレを連発。突然の発言に近くにいた宮川が「あかん!」と制止に入り、松本は「しんどい…」と笑いをこらえつつ、「(薬物更生施設の)ダルクから出てきたばかりなので、すみません」とブラックジョークを飛ばしたのだった。

若手芸人は参加料の確保に苦心したようで、久保田は「薬品の治験を受けてきました。右腕に薬を塗って、2日間タコ部屋に入って30万もらってきた」とコメント。アントニーは先輩芸人数人に借金をしたそうだが、企画の内容を明かすのはNGだったそうで「若手の中で『アントニーがとにかく今お金が必要らしい。あいつヤバいことやってるんじゃないか』って、変な噂が広がりました」と明かし笑いを誘った。

イベントには、Amazonコンテンツ事業本部長のジェームズ・ファレル氏も出席。その場で同番組の第2期製作の打診もあり、松本は「やります! 僕はやりますよ!」と返し、「誰出そうかな? ジミーちゃんまた出てくれる?」と早速出演交渉をしていた。(斎藤雅道)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
浜崎あゆみが長瀬智也との“おそろいタトゥー”公開で必死の話題作り!
成宮寛貴コカイン吸引報道の裏に業界のねたみ
内田理央が“お尻スケスケ”ショットの裏話を明かす
白石美帆にV6長野博との結婚を「急がせた」2人の女優
北斗晶、「術後5年の生存率50%」からの早すぎる仕事復帰の裏事情
  • このエントリーをはてなブックマークに追加