星稜中の経験が自分の基礎を形作った 内山壮真(星稜)【前編】

星稜中の経験が自分の基礎を形作った 内山壮真(星稜)【前編】

  • 高校野球ドットコム
  • 更新日:2019/10/21

この夏、甲子園準優勝の星稜奥川 恭伸山瀬 慎之助のバッテリーがプロを志望。そして、来年もドラフト候補になりうる選手がいる。それが内山 壮真星稜)だ。星稜中時代には全国大会優勝を経験。さらに軟式のU-15代表では4番を務め、星稜高に進むと1年生春からレギュラーの座を獲得。内山は同世代でもトップを走る野手へと成長した。そんな内山の成長の原点は星稜中時代にあった。

取り組み、守備、打撃、すべてを学んだ中学3年間

No image

内山壮真(星稜)

中学の軟式では全国大会常連の星稜中に進み、3年の間でベンチ入りを目標に掲げていた内山だったが、入学してすぐにショートで試合に出場。内山自身、遊撃手として出場できるほどの守備力があるとは思っておらず、驚きだったそうだ。

「守備は下手でしたし、ノックを人一倍こなして、うまくなっていくしかありませんでした」

練習を積み重ねる中で守備力を向上させるポイントに気づいたという。内山の場合は、バウンドを予測することだった。

「ノックを受け続けることで、打球の跳ね方を予測できるようになりました。技術というよりも感覚として磨いていけたと思います」

内山は遊撃手としてだけではなく、捕手としても活躍。中学時代からバッテリーを組む現在のエース・荻原 吟哉とともに全国大会を経験した。

打撃面では中学時代、日本代表の4番を務めるほどの実力を身に付けたが、どのような意識で取り組んでいたのか。

「正直に言いますと、技術的なことではなく、日々の素振りで強く振ることを意識していました。それだと安打を打つ確率を上げることにはつながりませんが、強い打球を打つことはできたと思います」

「全国のレベルの高さを目の当たりにし、力のなさを実感するとても良い機会でした」

さらに3年生ではU-15代表となったが、それも内山にとって大きな経験となった。

「レベルの高い選手やプロ野球を経験しているコーチの方々と交流して得られたことは現在に活かせています。コーチからはどんな選手が高いステージで通用するのかを聞かせていただきました」

その中で内山の心に響いた言葉が「基本の大事さ」だった。

「そのコーチから、『プロで活躍する選手は基本を大事にしている』と教えていただき、打撃、捕手の基本を教わりました」

星稜中の3年間はとても大きな学びとなった。

No image

内山壮真(星稜)

「楽しくやっていた少年野球とは違い、星稜中では野球はもちろん、私生活での充実も大事にするという考えでした。私生活を大事にすることは今もつながっていると思います」

1年生春から主力打者として活躍できたのも、その意識の高さにあった。

そして星稜高に進むと、中学と同じく1年生春からレギュラーとして起用される。

「こんなチャンスはないと思いましたし、嬉しさを感じながら試合に出場していました」

その中で内山は次々と結果を残し、1年生春からクリーンナップを任されるまでに。内山自身、驚きの成果だった。

「まさか自分の打撃がここまで通用するとは思いませんでした。それでも、まだまだなんですが、もっとレベルアップしたいと思いながらプレーをしていました」

1年生夏にはいきなり甲子園を経験。

「自分のやりたいプレーができなくて、実力不足を痛感しましたし、とても悔しい思いをした甲子園でした」

悔しさを残しながら、1年生秋は不動の4番ショートとして活躍。北信越大会優勝、明治神宮大会準優勝に貢献した。さらなるレベルアップを目指し、1年生冬にはテーマを掲げて練習を行った。

「スイングの強さを身に付けることをテーマに掲げました。そしてスイングの軌道にもこだわり、強さの中にも確実性を高めることを意識して練習に取り組みました」

内山は打撃練習をする際、軸足である右足に重心を乗せ、左足は一本足のように上げる。そして思い切り振り抜き、力強い打球を飛ばす。あえて、一本足のスタイルなのだ。

「右足に力を溜めることで、力を前に伝わりやすくするためです。僕自身、体が小さいほうなので、ホームランや長打を打つためにはどうすればいいか考えた時、自然とこの打ち方になりました」

センバツは2試合で6打数0安打と結果を残せず、星稜は優勝候補として期待されながらも2回戦敗退となった。

「4番になって初めての甲子園。必要以上の気負い、プレッシャーを感じて自分の打撃ができませんでした」

悔しい結果に終わったセンバツ。内山はその悔しさを晴らすために夏へ向けて新たにスタートを切った。

前編はここまで。後編ではチームの中心になった現在について語ってもらいました。後編もお楽しみに。

(取材=河嶋 宗一)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
PL学園・桑田OB会長、清原氏にラブコール「キヨと一緒にプレーできれば」 マスターズ甲子園
三大駅伝のラスト、箱根駅伝は東海大の連覇か、「5強」の混戦か
白樺学園高等学校(北海道・北海道地区代表)「全道を制覇した強力打線で全国に挑む!」
明石商・中森11K完投 8強入り決めた
中京大中京高等学校(愛知・東海地区代表)「攻守に高いレベルでまとまり示し、前評判通りに東海大会を制す」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加