上西小百合氏、浦和サポ批判再び「ただ応援して...」

上西小百合氏、浦和サポ批判再び「ただ応援して...」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/06
No image

8月8日の巨人対阪神戦を観戦した上西元議員

元衆院議員の上西小百合氏(34)が、J1浦和レッズとそのサポーターを批判した発言で炎上した騒動を振り返り、発言の真意を説明した。

上西氏は今年7月、J1浦和レッズとドルトムントとの親善試合について「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」などとツイッターで批判。さらにレッズサポーターに対しても「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」などと批判し、猛抗議を受けた。

上西氏はその発言について6日、ツイッターで「私が前にレッズについて言った時本当はこれが言いたかった」と書き出し、「“感動をありがとう”とか“日本人で良かった”とか。口に出す事で依存する日本人のメンタルの弱さに腹がたった」と明かし、再び「もう一度言う。“ただ応援してるだけで何かやった気になってんじゃねえよ”」とツイートした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「平和主義」で成り行かない日本
都議会公明党、凋落の小池知事を見捨てか...自民党と復縁の動き
小泉進次郎がどんどん過激になってきた「ある事情」
既卒者にも「所得連動返還型奨学金」制度創設へ 与党30年度予算大綱原案の全容が判明
在日米軍経費、3年連続で過去最高を更新=中国メディアは「ATM?」とやゆ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加