綾瀬はるか、足掛け3年の大河ファンタジーで成長実感「性格に関わる役でした」

綾瀬はるか、足掛け3年の大河ファンタジーで成長実感「性格に関わる役でした」

  • 映画.com
  • 更新日:2017/11/13
No image

会見した綾瀬はるか、高良健吾、鈴木亮平

女優の綾瀬はるかが11月13日、主演するNHKの大河ファンタジー「精霊の守り人 最終章」の東京・渋谷区の同局で行われた会見に共演の高良健吾鈴木亮平らとともに臨んだ。

上橋菜穂子さんの小説「闇の守り人」「天と地の守り人」を原作にした壮大な冒険ファンタジーで、綾瀬は短槍(たんそう)の使い手の用心棒バルサ役。30歳になった年から足掛け3年にわたった撮影が今年春に終了し、「30代の出だしとして大きな壁でもあり、新しい自分をだんだん引き出してもらった。性格に大きく関わる役でした」と笑顔。上橋さんが「そんなに大変だったの?」と気遣ったが、「より強く、たくましくなったという思いです」と強調した。

アクションシーンも多く、「本当に大変で、最初は明日からやっていけるかという感じでした」と振り返る。それでも、「それを乗り越えた時に、生死を懸けて戦う人の気持ちは分からないけれど、体に入ってきた感じがしてだんだん演じやすくなりました。最終章は物足りないなと思うくらいで、これでいいんですかと聞くこともあった」と自信を深めた様子だ。

最終章でバルサと対決する敵軍の将ラウルを演じた高良は、「このキャストでラスボスは荷が重いと思ったが、ラウルの信念、正義を大切にして迷わず戦えた。綾瀬さんともパッパッパッてやってできた気がする」とアピール。最終章ではアクションの演出に「シン・ゴジラ」の樋口真嗣監督が加わり、演出の片岡敬司氏が「『シン・ゴジラ』よりスケール感がある」としたが、「僕は『シン・ゴジラ』にも出させていただいているので、スケールについては何とも言えない」とこぼし、笑わせた。

だが、ラウルの部下ヒュウゴ役の鈴木は「シーズン2ではバルサと同じくらい強いぜ感があったのに、最終章ではアクションがないんです」と残念そう。それでも、「ラウルの機嫌を損ねないように、戦わないようにする闘いでした。中間管理職のような役なので、そういう方々には共感してもらえると思う」と主張していた。

「精霊の守り人 最終章」は11月25日スタートで、総合テレビで毎週午後9時から放送される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「俺、出たくない」ワンオクが紅白出場を徹底拒否する理由
【何歳に見える?】ありえないくらい若く見える「トルコの美人シンガー」が話題に
大沢樹生 番組収録も中止...“楽屋で卒倒”して救急車搬送!
ダウンタウンが2位!? 「面白いお笑いコンビ」第1位は?
真木よう子、降板の裏に「新たなスキャンダルを週刊誌がキャッチ」の噂
  • このエントリーをはてなブックマークに追加