トウカイパシオン逃げ切り5馬身差圧勝/新馬戦

トウカイパシオン逃げ切り5馬身差圧勝/新馬戦

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/14
No image

3歳新馬戦を快勝したトウカイパシオンと江田騎手(撮影・丹羽敏通)

<中山4R>◇13日=中山◇3歳新馬牝◇ダート1200メートル◇出走16頭

4番人気トウカイパシオン(牝、菊川、父ヨハネスブルグ)が逃げ切った。勝ちタイムは1分13秒0。

2着に5馬身差の圧勝に江田照騎手は「調教の時からスタートは速かった。すごくセンスがあった」と喜んだ。菊川師は「気の荒いところがある馬だけれど、騎手が付きっきりで稽古をつけてくれた」と鞍上に感謝した。次走は未定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
山崎賢人 門脇麦との濃厚キス50回で赤面しトイレに猛ダッシュ
正社員・非正規の待遇の差が明らかに! 「年賀はがき販売成績1位が非正規で2位の正社員に海外旅行贈呈」のツイートに日本郵便への批判集まる
カナダ人「路上に車の雪像を作ったら...パトカーはどんな反応をすると思う?」→なんと駐禁切符を切られる
愛車は“2,000万円ベンツ”の高梨沙羅にスキャンダルの香り!? 平昌五輪の結果次第で炸裂か
百田尚樹「(沖縄・米軍ヘリ機材落下は)全部嘘」、記者に「娘さんは中国人の慰み者」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加